白い”モノ”が中心のガジェットレビューブログ
象印 空気清浄機 PU-SA35 レビュー/シンプルでデザインが良く使いやすい空気清浄機

こんにちは、花粉症が辛い、ぶっち(@___bucchi)です。

春は温かくて気持ちいい季節ですが、この時期になると悩ましいのが花粉…。花粉症持ちの方は毎年つらい時期でもあります。

花粉症対策はいくつも方法がありますが、ある意味シンプルで分かりやすい対策の一つが「空気清浄機」を導入する事。

この時期には欲しい家電ですが、種類が沢山ありデザインも様々。そんな中で「シンプルでおしゃれなデザイン」「スリムでコンパクトなサイズ」「最大44dBの低騒音」といった特徴を持つのが、本記事で紹介する『象印 空気清浄機 PU-SA35』です。

象印 空気清浄機 PU-SA35

グッドデザイン賞も受賞している本製品を実際に使い、使い勝手やメリット・デメリットなどを詳しくレビューしていきます。

¥13,233 (2024/05/21 18:34:08時点 楽天市場調べ-詳細)

象印 空気清浄機 PU-SA35とは

炊飯器やポット・ケトルなど様々なキッチン家電を手掛けている象印から販売されている空気清浄機が、『象印 空気清浄機 PU-SA35』。

僕は以前まで”象印”って聞くと「デザインよりも性能重視」の質実剛健な製品を作っている…という印象があったのですが、最近は「STANシリーズ」を始めとして、かなりデザインに力を入れたモノづくりをしています。

今回の『象印 空気清浄機 PU-SA35』も、シンプルな機能とスリムでコンパクトなサイズ、余計な装飾が無いスッキリとしたデザインが特徴の空気清浄機です。

スペック

ZOJIRUSHI 空気清浄機 PU-SA35
運転コース標準/弱/静音/おまかせ
風量標準:3.4㎥/分
弱:2.0㎥/分
静音:1.3㎥/分
運転音標準:44dB
弱:29dB
静音:19dB
消費電力標準:16w
弱:6w
静音:3w
サイズ37×12.5×45.5cm
本体重量3.7kg
象印 空気清浄機 PU-SA35の主な特徴
  • シンプルなデザインでインテリアにマッチ
  • スリムでコンパクトなサイズ感
  • 静音モードなら19dBという静音設計
  • 高性能集塵・脱臭一体フィルターでお手入れが簡単

スペックを踏まえた本製品の特徴は上記の通り。

象印 空気清浄機 PU-SA35の開封と本体外観

『象印 空気清浄機 PU-SA35』を開封して、パッケージ内容や本体外観を見ていきます。

実は本製品は、象印公式Twitterが開催していたプレゼントキャンペーンで当選したもの。

こういったTwitterキャンペーンで当選したのは初めてなので、かなり驚きました。ありがとうございます…象印さん。

せっかく当選したので、しっかりと使っていきたいと思います。

パッケージを開封した様子

開封していくと取扱説明書兼保証書があり、その下に製品が収められています。

製品本体はビニール袋で保護されており、そこにはフィルター取り付けの注意書きが貼り付けられています。

パッケージ内容

象印 空気清浄機 PU-SA35のパッケージ内容
象印 空気清浄機 PU-SA35のパッケージ内容
  • 空気清浄機 本体×1
  • 取扱説明書兼保証書×1

パッケージ内容は上記の通り。

付属の取扱説明書兼保証書

取扱説明書兼保証書は、イラスト付きで分かりやすく記載されています。

本体外観・サイズ感

『象印 空気清浄機 PU-SA35』の外観やサイズ感を見ていきます。

本体を正面から見た様子

正面から見た様子。

無駄な装飾が無い、非常にシンプルな見た目になっており、ミニマル好きな僕としてはかなり好みのデザインです。

本体表面は梨地加工されており、質感も良好

シンプルながらも表面は梨地加工されており、ザラッとした手触り。

質感自体はかなり良いと思います。

横から見た様子。かなりスリム分かります

本体横から見た様子。

厚みが約12.5cmと薄型設計なので、書斎やリビングの他に、廊下などに置いても邪魔になりにくいのがメリットの一つと言えます。

本体背面。ミニマルデザインです

本体背面から見た様子。

こちらも前面同様、装飾が無いシンプルなデザイン。

白で統一された本体は美しいのですが、ちょっと気になる点とすれば、電源コードは黒いという点。コードも白にしてくれば良いのにな…と素直に思いました。

本体上部から見た様子

本体上部からの様子。

右下には操作ボタン類がまとめられています。ボタンはアイコンで表現されておりシンプルな見た目で、分かりやすくなっています。

¥13,233 (2024/05/21 18:34:08時点 楽天市場調べ-詳細)

象印 空気清浄機 PU-SA35の使用レビュー

『象印 空気清浄機 PU-SA35』を実際に使い、使い勝手を確認していきます。

本体前面パネルを外す

まずは、本体にフィルターをセットするために、前面のパネルを外します。

付属のフィルターは保護シートに入っている

前面パネルを外すと、ビニールの保護シートに包まれているフィルターがセットされているので、保護シートを取り外します。

本体に備えられているファンが見える

フィルターの奥にはファンが見えます。

フィルターをセット

保護シートを外し、フィルターを本体にセット。

なおこのフィルターは、集塵と脱臭が一つで出来る「高性能集塵・脱臭一体フィルター」。フィルター交換の際もこれ一つ交換するだけで良いので、お手入れが簡単です。

フィルターの交換目安は約2年で、新品は象印パーツダイレクトもしくはAmazonなどで購入が可能。

Amazonでは互換性があると謳われる、他メーカーの安いフィルターもありますが、性能が不確かなので購入する際は純正品を選んでおいた方が無難です。

操作パネルはアイコンで視覚的に分かりやすい

フィルターをセットしたら、後は電源コードを繋ぎ、電源ボタンを押して動作させます。

本体上部の操作パネル

操作パネルでは、風量と「エアーサイン」による空気の汚れ具合が確認できます。

エアーサインが赤いので、空気が汚れているみたいですね……。

また、操作パネルで出来ることは、「風量の調整」と「LEDの明るさ変更」のみ。空気清浄以外の機能は特にありません。

本体一番左にある「明るさ調節ボタン」を押すと、LEDの明るさを調節することが可能。

ただ、明るさを「暗モード」に切り替えても、そこまで変化が無いように感じました。

もう少し暗くなると寝室でも使いやすくなるように思います。

動作音について

本体の動作音はかなり静か

本製品は、静音モードで19dB、最大でも44dBという静音性が特徴です。

実際に使ってみてもその静音性は高く、強でもそこまでうるさいとは感じません。

強の場合、流石に夜間の静かな環境ではファンの音が聞こえますが、その場合は少し風量を弱めれば音が気にならなくなります。

寝室でも活躍してくれそうですね。

象印 空気清浄機 PU-SA35 レビュー/シンプルでデザインが良く使いやすい空気清浄機

象印 空気清浄機 PU-SA35のレビューまとめ

象印 空気清浄機 PU-SA35

総合評価

(4.5)
象印 空気清浄機 PU-SA35 のイマイチな点
  • 空気清浄以外の機能は無い
象印 空気清浄機 PU-SA35 の良い点
  • ミニマルなデザインでインテリアにマッチする
  • スリムでコンパクトなのでどこに置いても邪魔になりにくい
  • 動作音はかなり静か。寝室でも使える

『象印 空気清浄機 PU-SA35』は、ミニマルデザインを採用したシンプルな空気清浄機。デザインが良く、どのような空間に置いてもノイズにならずインテリアにマッチしてくれます。

動作音が静かなので、寝室子供部屋で使うのも良さそう。

また、アイコンで視覚的に分かりやすい操作パネルや、集塵・消臭一体型フィルターの採用でお手入れが楽など、使い勝手の良さも評価のポイント。

高機能モデルに搭載されている、「イオンによる除菌」や「加湿」など特別な機能は何もありませんが、空気清浄機としての機能は必要十分。

特別な機能は不要、シンプルでおしゃれな空気清浄機が欲しい」と言った方にうってつけの空気清浄機と言えそうです。

¥13,233 (2024/05/21 18:34:08時点 楽天市場調べ-詳細)

INDEX