白い”モノ”が中心のガジェットレビューブログ
VOLTME Revo 140W レビュー/USB PD3.1に対応し、単ポート140Wの充電ができる強力なUSB-C充電器

こんにちは、ぶっち(@___bucchi)です。

USB充電器は、様々なメーカーから販売されていますが「USB PD3.1」に対応した製品はあまり多くありません。

「USB PD3.1」とは、USBから最大240Wまでの電源供給を可能にした最新の規格。現在対応する製品は少ないですが、今後高性能なゲーミングパソコンなどを中心に採用が進むと言われています。

VOLTME Revo 140W

本記事で紹介する『VOLTME Revo 140W』は、「USB PD3.1」に対応しており、単ポート140Wの電源供給が出来るUSB充電器。

パワフルなだけでなく「USB-C×2+USB-A×1」という、使いやすい構成も魅力的な本製品を実際に使ってみましたので、その充電能力などを詳細にレビューしていきます。

特に『16インチ MacBook Pro』を持っている方は、導入のメリットが大きいUSB充電器となっていますので、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

本記事はメーカー様より製品をご提供頂き、作成しております。
なお、記事内容について指示等は無く、率直な意見・感想を記載しています。

VOLTME Revo 140Wとは?特徴を簡単に説明

『VOLTME Revo 140W』は「USB PD3.1」に対応したUSB充電器。単ポートで使った場合、最大140Wの電源供給が出来るパワフルな製品。

販売元の「VOLTME(ボルトミー)」は、日本での知名度は低いものの、充電分野で20年以上の実績を持つVoltnex Innovations Technologyが立ち上げたブランドで、品質に置いては他メーカーと比較しても遜色はありません。

また、本製品は1年に1回ラスベガスで開催される、世界最大のテクノロジー展示会「CES 2023」において「ベスト・オブ・イノベーション」を受賞するなど、専門家からも高い評価を得た製品です。

スペック

VOLTME Revo 140W
入力AC 100-240V、50/60Hz、2A(最大)
USB-C1 出力PPS:3.3V-21.0V⎓5A
5V⎓3A / 9V⎓3A / 12V⎓3A / 15V⎓3A / 20V⎓5A / 28V⎓5A(最大140W)
USB-C2 出力PPS:3.3V-21.0V⎓5A
5V⎓3A / 9V⎓3A / 12V⎓3A / 15V⎓3A / 20V⎓5A(最大100W)
USB-A 出力4.5V⎓5A / 5V⎓4.5A / 9V⎓2A / 12V⎓1.5A(最大22.5W)
組み合わせ出力C1+C2:65W+65W
C1+A:100W+22.5W
C2+A:100W+22.5W
C1+C2+A:65W+45W+22.5W
プラグ折りたたみ
カラーブラック / ホワイト
サイズ31.5×54×31mm
重量270g
保証期間18ヶ月+6ヶ月(要会員登録)
価格11,980円(税込)

『VOLTME Revo 140W』のスペックは上記の通り。

スペックを踏まえ、主な特徴を以下にまとめました。

VOLTME Revo 140Wの主な特徴
  • USB PD 3.1に対応し、最大140Wまでの高い出力が可能
  • USB-C×2、USB-A×1の使いやすい構成
  • 140Wの充電器としては、最小クラスのコンパクトサイズ
  • PPSに対応している
  • 18ヶ月+6ヶ月(要会員登録)の長期保証付き

USB PD3.1に対応している点は前述の通りですが、他にも「USB-C×2、USB-A×1」という使いやすい構成や、140WのUSB充電器としては、最小クラスのコンパクトなサイズ感など、単純に出力の大きさだけではなく、実用性も兼ね備えた製品と言えます。

また、一部のGalaxy端末を持っている方に恩恵が大きいのが「PPS」にも対応している点。対応端末は限られていますが、より高速な充電が出来るという点は抑えておきたいポイント。

VOLTME Revo 140Wの開封と本体外観

『VOLTME Revo 140W』を開封して、パッケージ内容や本体外観を見ていきます。

パッケージはグレー×オレンジの配色がおしゃれなデザイン。

背面には仕様が書かれており「日本仕様」となっている通り、PSEマークなどの認証マーク類もしっかりと確認できます。

パッケージ内容

VOLTME Revo 140Wのパッケージ内容
VOLTME Revo 140Wのパッケージ内容
  • VOLTME Revo 140W 本体✕1
  • 取扱説明書
  • THANK YOUカード

パッケージ内容は上記の通り。

付属の取扱説明書

取扱説明書は多言語対応されており、日本語での表記もあります。仕様が細かく書かれているのは個人的にはプラスポイント。

付属のTHANK YOUカード

付属してくる「THANK YOU」カード。

地味にこういうの嬉しかったりします。

本体外観・サイズ感

『VOLTME Revo 140W』の本体外観やサイズ感を見ていきます。

VOLTME Revo 140Wの本体外観

本製品は「ブラック / ホワイト」の2色展開されていますが、今回レビューしていくのは「ブラック」の方。

本体左下に「VOLTME」のロゴが見えます。写真では分かりづらいですが、本体右上にかけて、ドットのようなデザインが施されています。

本体四隅の形状が丸くなっているので、柔らかな印象を与えてくれると共に、手に取った時にフィットしやすいという特徴があります。

本体底面

本体底面には各種仕様やPSEマークなどの記載があります。

プラグ部分は折りたたみ式

プラグは折りたたみ式。

個人的にUSB充電器のプラグは折り畳めることが必須だと思っているので、この点は心配いりませんね。

USBポート部分

USBポート部分。

「USB-C×2、USB-A×1」という構成。まだまだUSB-Aにしか対応していないデバイスも多いので、あらゆるデバイスを充電できる使いやすい構成と言えます。

140Wもの出力があるので、サイズは大きめ

手に取った様子。流石に140Wもの出力があるので、サイズや重量は大きめです。

VOLTME Revo 140Wの重量

重量は実測で260.3g

流石に出力が大きいので、軽いという訳ではありませんが、実は140Wクラスの充電器の中では軽量な部類に入ります。

他のUSB充電器との比較

『VOLTME Revo 140W』が、どのくらいのサイズ感なのかを分かりやすくするために、他の充電器と比較してみます。

Apple純正 96W USB-C電源アダプタ

まずは『14インチ MacBook Pro』に付属してきた、『Apple 96W USB-C電源アダプタ』との比較。

Apple純正のUSB充電器は、96Wまでの出力に留まり、USBポートも1つしかありませんが、『VOLTME Revo 140W』は、サイズがほぼ一緒(というか小さい)上に、USB-C×2、USB-A×1というポート構成。

完全に上位互換と呼べるほど、スペック上では上回っているのが分かります。

MATECH 130Wとの比較

続いて、僕が持っている最も大きな出力のUSB充電器が『MATECH Sonichage 130W』ですが、それと比較した様子。

USBポートの数は『MATECH Sonichage 130W』の方が多いものの、最大出力の大きさや、本体サイズの小ささは『VOLTME Revo 140W』の方が勝っています。

最大出力が大きいのに、サイズが小さいってどういう事……

と思うくらい、USB充電器って進化してるんだな…と感じました。

VOLTME Revo 140Wの使用レビュー

実際に『VOLTME Revo 140W』を使い、充電性能を見ていきます。

VOLTME Revo 140Wを使いMacBook Proを充電

まずは『14インチ MacBook Pro』へ充電した時の様子。最大140Wが出るUSB-C1の方に、MagSafe 3を使って充電してみます。

81.450Wという数値

結果としては、81.450Wという数値に。

確かに高速ではあるのですが、最大140Wという割には控えめな印象。

MacOS上では100Wと認識されている

Macのシステム情報から電源の情報を確認してみましたが、ワット数は100Wと認識されていました。

はて、これはなぜなんだろう…?と調べてみた所、どうやら僕が使っている『14インチ MacBook Pro』は、140Wの高速充電には非対応だという事が分かりました。

そもそも100Wを超える高速充電を可能にするには「USB充電器・ケーブル・充電するデバイス」全てが「USB PD EPR(Extended Power Range)」に対応している必要があります。

今回の場合、「USB充電器(VOLTME Revo 140W)」「ケーブル(USB-C to MagSafe 3)」の方は、USB PD EPRに対応していますが、『14インチ MacBook Pro』が非対応だったために、140Wが出なかったという事になります。

2023年5月時点で140Wの高速充電に対応するのは『16インチ MacBook Pro』しか見当たらないので、それ以外のMacBookやWindowsノートパソコンを使っている方は140W充電が出来ないという事になります。

だからといって、本製品が無用の長物なのか……と言うと、それはまた話が異なります。

例え「USB PD EPR」に対応していなかったとしても、USB PD自体は100Wまでの充電には対応していますし、本製品は複数同時ポートを使った場合も、それぞれの出力が落ちにくいという特徴があります。

VOLTME Revo 140Wの組み合わせ出力表
画像引用:Amazon.co.jp

具体的には上記の様な組み合わせとなり、最大140W出力と余裕があるため、3ポート同時に使用した場合でも、USB-C1の方は65W、USB-C2の方は45Wの出力が出来ます。

これは、『MacBook Pro』と『MacBook Air』を高速に同時充電できるくらいにパワフルなので、複数デバイスを持っている方であれば、十分に本製品の実力を引き出すことが出来ます。

※追記 高負荷時の耐久性について

コメントで頂いたのですが、140W最大の高負荷状態で充電すると、シャットダウンしてしまう現象があるとの事です。

あいにく僕は16インチMacBook Proを持っていないので140Wフルの充電は試せませんが、変わりに『M1 MacBook Air』『14インチ MacBook Pro』の2台同時充電を試してみました。

USB-C 2ポート同時に充電するので、65W×2の130Wで出力されるはずです。

VOLTME Revo 140Wを使い、2台のMacを同時充電

『MacBook Air』『MacBook Pro』共に、電池をほぼ0%にした状態から同時に充電させてみました。

65W近い数値が出ている

USB-Cを2ポート同時に使うと、1ポート辺りの出力は65Wとなります。

USBチェッカーで確認してみた所、ほぼ仕様通りの65W近くの出力が出来ている事が分かります。

特にトラブルも無く、2台とも充電できた

このまま2台同時に約40〜50分くらい充電させてみました。

PCのバッテリーは2台とも90%以上と、ほぼ満充電に近い所まで充電できましたが、この間、僕の環境下ではシャットダウンする様な事はありませんでした。

充電器本体は確かに熱いが、触れないほどではない

充電中、充電器本体にも触れてみました。

確かに熱さは感じますが、触れないほどではなく、シャットダウンするような様子もありませんでした。

この事から、全ての個体に不具合があるわけではなく、個体差があり不良品を引いてしまった場合、正常な排熱が出来ず、シャットダウンしてしまうのでは無いかと思います。

不具合がある場合、メーカーまで問い合わせれば対応してくれると思うので、もし何かトラブルが発生した場合、メーカーに問い合わせてみるのが良いと思います。

VOLTME Revo 140W レビュー/USB PD3.1に対応し、単ポート140Wの充電ができる強力なUSB-C充電器

VOLTME Revo 140Wのレビューまとめ

VOLTME Revo 140W

総合評価

(4)
VOLTME Revo 140W のイマイチな点
  • USB PD 3.1に対応しているデバイスが少ない
VOLTME Revo 140W の良い点
  • USB PD 3.1に対応し、最大140Wの出力が可能
  • 140WのUSB充電器としては、サイズがコンパクト
  • USB-C×2、USB-A×1の使いやすい構成
  • 複数同時充電しても出力をキープできる

『VOLTME Revo 140W』は、3つのUSBポートを持ち、最大140Wの出力ができるパワフルなUSB充電器です。

140W出力に対応しているUSB充電器自体少ないのですが、140Wクラスの中ではコンパクトなサイズに抑え、プラグ折りたたみにも対応するなど、使い勝手の面でも良好です。

残念なのは、そもそも140Wの充電に対応したデバイスが少ない点。現時点では『16インチ MacBook Pro』くらいしかありません。

確かに対応端末は少ないですが、複数同時充電時のそれぞれの出力の大きさはメリット。ノートパソコンやタブレット、スマホなどを一気に高速で充電したいとなった場合、『VOLTME Revo 140W』のパワフルさが活きてきます。

『16インチ MacBook Pro』を持っている方はもちろん、複数デバイスを所持しているヘビーユーザーの方にもおすすめのUSB充電器となっていますので、出力が大きいUSB充電器を探している方は、『VOLTME Revo 140W』をチェックしてみてください。

INDEX