Razer Huntsman Miniとは

キーボードやマウスなどを初めとしたゲーミングデバイスを数多く販売しているブランド「Razer」が販売している、ゲーミングキーボードです。

Razer Huntsman Mini』最大の特徴は通常のキーボードにある「テンキー」や「PageUp」「PageDown」「矢印キー」を省くことにより、通常のキーボードの60%ほどのサイズを実現している点。

これらのキーボードは「60%キーボード」と呼ばれ、特にゲーマーを中心に人気が高まってきているジャンルです。

「60%キーボード」は、大手デバイスメーカーからはまだ製品が販売されていませんでしたが、Razerが大手メーカーの中でいち早く「60%キーボード」である『Razer Huntsman Mini』を投入してきました。

これにより、他の大手デバイスメーカーも追随し、更に「60%キーボード」の人気が加速するのでは無いかと思います。

Razer Huntsman Miniのスペック

それでは『Razer Huntsman Mini』のスペックを見ていきます。

Razer Huntsman Mini
キースイッチRAZERオプティカルスイッチ(光学式)
クリッキー/リニア
アクチュエーションポイントクリッキー:1.5mm/リニア:1.2mm
キー押下圧クリッキー:45g/リニア:48g
キー耐久性最高1億回
キー配列日本語配列/US配列
ロールオーバーNキーロールオーバー
接続方法有線(USB-C)
本体サイズ10.3 x 29.3 x 3.7 cm
重量460 g
本体色Black/Mercury White
メーカー保証2年間

Razer Huntsman Mini』では、キースイッチがクリック感のある「クリッキー」、打鍵音が静かな「リニア」の2種類用意されています。

本体色は「黒」と「白」の2色展開されており、キー配列は「日本語配列/US配列」から選択することが可能です。

つまり、まとめると、

  • クリッキースイッチ/US配列/ブラック
  • クリッキースイッチ/US配列/ホワイト
  • クリッキースイッチ/日本語配列/ブラック
  • クリッキースイッチ/日本語配列/ホワイト
  • リニアスイッチ/US配列/ブラック
  • リニアスイッチ/US配列/ホワイト
  • リニアスイッチ/日本語配列/ブラック
  • リニアスイッチ/日本語配列/ホワイト

上記の通り合計8モデル用意されており、自分の好みにあったモデルを選ぶことが出来ます。

RAZERオプティカルスイッチについて

Razer Huntsman Mini』が採用している「RAZERオプティカルスイッチ」は、従来のメカニカルキースイッチとは異なる「光学スイッチ」を採用しています。

Huntsman Miniに採用されている光学スイッチ

上記の画像のように光の通過によってキーが押されたかどうかを判別しています。一般的なメカニカルキーボードと異なり、物理的な接触点が少ないので、耐久性が高いのが特徴です。

さらに、「クリッキー」「リニア」という2種類の中から好みによって選択が可能です。「クリッキー」と「リニア」についてもう少し詳しく見ていきます。

クリッキー

紫軸のクリッキースイッチは、キーボードを打つと「カチカチ」という音がする、「メカニカルキーボード」の様な感覚のスイッチです。

いわゆる「青軸」と同じ様な打鍵感とタイピング音が特徴で、キーボードを打っている感覚が強く、ゲームプレイにも文章入力時にも気持ち良いクリック感を感じられるキースイッチとなっています。

リニア

赤軸のリニアスイッチは、クリック感が無い代わりに、タイピング音が静かなのが特徴。キー入力も軽く、長時間入力をする際にも疲れづらいのが特徴です。

タイピング音が静かなので、マイクでタイピング音を拾うことも少なく、タイピングしながらマイクをよく使う人にも好まれるキースイッチとなっています。

どちらが良いかは、その人の好みや周りの環境にも左右されますが、僕が今回購入したのは「リニアスイッチ/US配列/ホワイト」ですので、このモデルについてのレビューをしていきます。

Razer Huntsman Miniのパッケージや付属品

それでは『Razer Huntsman Mini』のパッケージや付属品を見ていきます。

パッケージ

Huntsman Miniのパッケージ

Razer Huntsman Mini』のパッケージはこのような感じ。

Huntsman Miniに採用されているリニアオプティカルスイッチ

購入したのは、赤い軸の「リニアオプティカルスイッチ」を採用したモデルなので、赤いマークが付いています。

Huntsman Miniのパッケージ裏面

パッケージ背面には製品の特徴などが記載されています。

Huntsman Miniのパッケージ側面
Huntsman Miniのパッケージを開封

パッケージを開けると、キーボードが収められています。フタ裏にはマニュアル類が収納されていました。

Huntsman Miniはしっかりと梱包されています

キーボード本体はビニール袋に入っています。

Huntsman Miniに付属するUSBケーブルもしっかりと梱包されています

付属のUSBケーブルもパッケージの中に収められており、こちらも袋で梱包されています。この梱包袋一つとってもかなり質感の良いものが使われており、コストがかかっているように思います。

付属品

Huntsman Miniの付属品一覧

付属品は、

  • Razer Huntsman Mini キーボード本体 1台
  • USB-Cケーブル 1本
  • 取扱説明書
  • ステッカー 1枚

が付属しています。

Huntsman Miniに付属するステッカー

Razerのロゴマークステッカーが同梱されています。Razerといえば「緑」がキーカラーだと思うのですが、この製品に関してはあまり緑は目立っていませんね。

Huntsman Miniの取扱説明書

取扱説明書です。多言語対応されており、もちろん日本語の記載もあるので安心。

付属のUSBケーブル

Huntsman Miniに付属するUSBケーブル

付属のUSBケーブルです。このケーブルは本体色に合わせて真っ白な上に、素材もファブリックケーブルなので、非常に質感が良く、デザイン的にも優れています。

長さも3mほどと十分な長さなので、どの様な環境でも使えると思います。

Huntsman Mini付属のUSBケーブルケーブルは、USB-A to USB-C

USBケーブルは、端子がUSB-C to USB-Aとなっており、キーボード本体にはUSB-Cの方を接続します。なお、USBケーブルは付属ケーブル以外にも、汎用的なUSB-Cケーブルを使うことが出来るので、万が一無くした場合や、ケーブルの長さが合わない場合も自分で用意したものを問題なく使うことが可能。

Razer Huntsman Miniの本体

Razer Huntsman Mini』本体を見ていきます。

Huntsman Mini本体

キーボード全体はこのような形。見て分かる通り、通常のキーボードにあるような、「テンキー」や「矢印キー」「homeキー」や「pageup」「pagedown」などのキーがゴッソリ無くなっています。

ゲームプレイをする際に使用頻度が低いキーたちを大胆に無くし、その分本体サイズをコンパクトにしたのがこの『Razer Huntsman Mini』です。

Huntsman Mini本体を横から見た様子

本体色は「Mercury White」を選びましたが、白が非常に綺麗です。昔のパソコン用キーボードの様にクリーム色というわけではなく、本当にピュアホワイト。

僕は白いものが好きなので、この見た目だけでもかなり好みです。

Huntsman Miniのキーキャップ

キーキャップは本体よりちょっと浮いています。そのため、何かゴミが入った時も掃除がしやすいのが特徴。

また、浮いている事によって、光らせた時に光が本体表面に反射して、より綺麗に拡散して見えるのもメリットと言えるでしょうか。

Huntsman Miniのキーキャップ側面に印字されているものはFNキーとの組み合わせで有効になる

省略された「矢印キー」や「pageupキー」が全く使えなくなったのかというと、そうではありません。キーキャップ側面に印字されている通り、「FNキー」と組み合わせることによって、それらのキーが使えるようになります。

また、これらは後述する専用ソフト「Razer Synapse 3」を使うことによってカスタマイズが可能となっています。

本体裏面

Huntsman Mini本体裏面

キーボード本体裏面です。四隅にはゴム足が付いているので、滑りにくくなっています。

Huntsman Mini本体裏面には「FOR GAMERS, BY GAMERS」という印字がされている

めっちゃ見辛いのですが、裏面にはうっすらと「FOR GAMERS, BY GAMERS」といった刻印がなされています。ゲーミングキーボードっぽいですね。

デザイン的にはまぁ微妙なのですが、裏面であることと、それほど目立ったものではないので、良しとしましょうw

Huntsman Mini本体のUSB端子

本体からちょっと奥まった所にUSB-C端子があります。

Huntsman MiniにUSBケーブルを繋いでも出っ張りがない

付属のUSB-Cケーブルのコネクタ部分と同じサイズになっているので、ケーブルを繋げた際に出っ張ることがありません。これはよく考えられているなと素直に関心しました。

USBケーブル自体にもガイド線が設けられている為、不用意に線が抜けるという心配も少ないですし、何よりデザイン的にも出っ張った部分が無いので非常にスッキリと見えます。

傾斜角度

キーボード底面にある足を調整することによって、傾斜角度を変えることができます。傾斜は2段階まで付けることが可能で、「6°」と「9°」が用意されています。

傾斜角度を変えることで、打ちやすくなるので、ゲームだけじゃなく文章の入力時にも助かりますね。

本体重量

Huntsman Mini本体の重量

本体重量は実測で460.7gとほぼスペックと一緒です。キーボードとしてはサイズの割にそこそこ重量感があります。

重量があるので、文字を打っている時やゲームプレイ中の安定性がありますが、持ち運ぶ用途としてはあまり向かないように思います。

キースイッチ

Huntsman Miniのキースイッチ

Razer Huntsman Mini』には、「クリッキー」「リニア」と2種類の軸が存在しますが、今回購入したのは「リニア」の方です。「リニア」のキー軸は赤色となっています。

キー軸上部にはLEDが備え付けられており、設定により様々なライティングが可能です。

Huntsman Miniのキーキャップは「ダブルショットPBTキャップ」を採用

キーキャップは「ダブルショットPBTキーキャップ」を採用。こちらは通常のABS樹脂よりも高価なのですが、耐久性に優れており、表面がベタつきづらいのが特徴です。

また、2色成形なのでキーのラベルが摩耗により消えることはありません。使い込んだキーボードってキーの文字が消えて残念な事になりますが、このキーボードはそのような心配はありませんね。

専用ソフト「Razer Synapse」で出来ること

PCとキーボードを接続すると、まずは専用ソフト「Razer Synapse」のインストールが促されます。

RAZER SYNAPSEのインストール画面

『Razer Huntsman Mini』を最大限活用するには「Razer Synapse」は必須となりますので、画面に従ってインストールします。

別途ダウンロードしたい場合は公式サイトで「Razer Synapse」のダウンロードが可能です。

RAZER SYNAPSEのダッシュボード

「Razer Synapse」を使うことにより、キーの割当、マクロの記録や保存、ライティングに関する設定などを細かく行えますので、実際に「Razer Synapse」を使った様子をご紹介します。

カスタマイズ

RAZER SYNAPSEでキーのカスタマイズが可能

「カスタマイズ」では、キー割り当てをカスタマイズ可能。キーボードの画像を見ながら視覚的にキーを選択出来るので分かりやすいですね。

ゲーミングモードは、有効化すると下記のキーを無効化することが出来ます。

  • Windowsキーを無効化
  • Alt+Tabキーを無効化
  • Alt+F4キーを無効化

これらのキーはゲームプレイ中に押すとパニックになる可能性が高いので、ゲームに集中したい時には良いですねw

ライティング

RAZER SYNAPSEではライティング設定が可能

「ライティング」はその名の通り、キーボードの光り方を調整できます。「明るさ」を始めとして、ライティングをオフにするときや、「効果」の選択が出来ます。

「効果」はどう光るかを選ぶもので、「クイック効果」では予めプリセットされたものの中から選択することが出来ますし、もっと詳細に光り方をカスタマイズしたい場合は、「高度な効果」より「CHROMA STUDIO」を起動させることで、より細かい光り方を決めることが出来ます。

HyperShift

60%キーボードを使いこなすには、キー数が通常のキーボードよりも少ない分、「Fnキー」を押している最中だけ、別のキーを割り当てれれる機能「HyperShift」を上手く使う必要があります。

Razer Huntsman Mini』では、「Fnキー」を押すと、機能が割り当てれているキーだけが白く光るようになっており、デフォルトでは、キーキャップ側面に書いてあるキーが割り当てられています。

もちろんこれらは「Razer Synapse」によってキーの割り当てを自在に変更することが可能です。

現在の僕のカスタマイズ

僕が使っている『Razer Huntsman Mini』は、US配列ということもあり、日本語配列よりも更にキーが少ないので、自分が使いやすいように以下のカスタマイズを行っています。

通常時

RAZER SYNAPSEを使ってカスタマイズした僕のキー設定(通常時)
  • 右Altに「←キー」を設定
  • Applicationキーに「日本語入力ON/OFF」を設定
  • 右Ctrlに「→キー」を設定

右側の「Alt」「Ctrl」キーに左右の矢印キーを割り当てました。

矢印キーはあまり使わないかなと思っていたのですが、ブラウザで何か検索する時や、ちょっとメモ的に文章を書く時など、意外に使う場面が多く、無いと不便だという事に気づきました。反面、右側にある「Alt」や「Ctrl」はあまり使う頻度が高く無いので、そこに矢印キーを割り当てました。

本当言えば「↓キー」も結構使うのでどこかに割り当てたいと思っており、そのうちまた設定を見直すかもしれません。

また、「Applicationキー」に、「日本語入力ON/OFF」を割り当てました。「Applicationキー」ってなんだろうと思ってたのですが、マウスを右クリックした時に出てくる「コンテキストメニュー」が表示されるものでした。個人的にマウス使えばいいじゃんと思うので、こちらは「日本語入力のON/OFF」を切り替えられるように変更しました。

HyperShift時

RAZER SYNAPSEを使ってカスタマイズした僕のキー設定(HyperShift時)

HyperShift時では、上書きしてしまった「右Alt」と「右Ctrl」を割り当てています。前述の通りこれらのキーはあまり使わないので無くても良いのですが、一応本来のキーを割り当てています。

Razer Huntsman Miniの打鍵音と打鍵感

気になる『Razer Huntsman Mini』の打鍵音と打鍵感について僕が感じた事を書いていきます。

打鍵音

Razer Huntsman Mini』で採用されている「リニアオプティカルスイッチ」は、第2世代のものが採用されており、初代のスイッチと比較してかなり静音化されています。

実際にタイピングしてみた様子が以下の動画です。

結構うるさめにタイピングしていますが、そこまで大きな音では無いので、周りに人がいる環境で使ってもそれほど迷惑にはならなさそうな印象です。

打鍵感

アクチュエーションポイントが1.2mmと浅いので、キー入力が速く文章なども軽く打ち込んでいけます。ゲームプレイ時も反応が早いので自分の思った通りに操作できるのは、さすがゲーミングキーボードだなと感じました。

クリッキーとリニアどちらが良い?

これは、好みや周りの環境によって左右されると思いますが、キータイピングの「気持ちよさ」で言えば、「クリッキー」の方がメカニカルなカチカチ感があり、タイピングは気持ちいいと思います。

キーボードを使う環境が自分1人の場合など、音を出しても良い状況であれば「クリッキー」の方が良いかもしれません。

一方、「クリッキー」はかなりタイピング音がうるさいのも事実。周りに他の人がいる環境で使う場合や、夜間もキーボードをヘビーに使うといった場合、「リニア」の方が気を使わず使えるので良いかなと思います。

Razer Huntsman Miniのライティング

Razer Huntsman Mini』は、ゲーミングキーボードらしく様々なライティングの設定が可能です。「Razer Synapse」を使うことで、簡単にプリセットの切り替えが可能。

Huntsman Miniのライティング

デフォルトで用意されているプリセットの1つ「ウェーブ」を設定した様子です。キーボードの色が波のように変化していくド派手なもの。

めっちゃ派手なので通常使うことはありませんが、色はかなり綺麗ですね。LEDがキーボード本体に反射して、美しい光り方をしています。

Huntsman Miniのライティングは非常に綺麗

キーキャップの文字部分は透過処理されている為、色が透過します。

Huntsman Miniのライティングは白っぽい色にすると実用性も高い

カラフルな色は流石にうるさいですが、白などの落ち着いた色にしておけば、見た目的にもうるさくなく、夜間など部屋が暗い環境でも使いやすいので、実用性も高いように感じます。

購入前は光るキーボードってどうなの?って思ってましたが、今となっては意外にアリかもと思うくらいですw

Razer Huntsman Miniのまとめ

Huntsman Miniのまとめ
  • Razer Huntsman Mini のイマイチな点
  • 省略されているキーが多いので、用途によっては非常に使いづらい
  • 有線接続しか対応していない
  • Razer Huntsman Mini の良い点
  • 白が綺麗でデザイン的に美しい
  • 通常の60%サイズで非常にコンパクト
  • 軽い打ち心地で、タイピングもサクサク
  • 耐久性が高く、キー印字も摩耗しないので長く使える
  • 専用ソフト「Razer Synapse」を使うことで、様々なカスタマイズが可能
  • ライティングが綺麗で、実用性も高い

Razer Huntsman Mini』は、一般的なキーボードの60%ほどしかないサイズに、機能をギュッと詰め込んだコンパクトなキーボードです。

キーボードがコンパクトだと、その分マウスを動かせる領域が広がるので、パソコンでゲームプレイをするゲーマーにはかなりオススメできるキーボードと言えます。

デザイン的にもかなり優れており、真っ白な本体に加え、キーキャップが透過処理されている事による、ライティングの綺麗さや、出っ張りの無いUSBケーブルなど、全体的に普通のゲーミングキーボードとはちょっと違った洗練された印象があります。そのため、デザインに優れたコンパクトなキーボードを探しているという方にもオススメのキーボードです。

一方、60%キーボードという事でキーがごっそり削られており「矢印キー」や「PageUp」「PageDown」などを使いたい場合「FNキー」同時押しする必要があります。こういった設定は「Razyr Synapse」を使うことにより、ある程度柔軟に設定変更は出来ますが、これらのキーを多用する方には正直あまりオススメは出来ません。

また、個人的にBluetoothに非対応なのがちょっと残念だと思いました。コンパクトな高性能キーボードとして有名な「HHKB(Happy Hacking Keyboard)」の場合、Bluetooth接続とUSB接続の両対応しているので、ケーブルレスでよりスッキリとしたデスク環境の構築が可能となっています。デザイン的に優れている分、次モデルではBluetooth対応もして欲しい所です。

多少気になる点はあるものの、個人的には今の所かなり気に入っているキーボードです。最初は「矢印キー」が無いため、使いにくいなと感じましたが、それもカスタマイズによってある程度解消され、慣れてくると今までのキーボードよりも使いやすいと感じるくらいになってきました。

ゲームをプレイする際もストレス無く操作できるので、コンパクトなキーボードが欲しいという方にオススメの製品です。