Incase AirPods Pro Case with Woolenexとは

ファブリック素材を使った『AirPods Pro』用のケースです。使われている素材は【Woolenexファブリック】という素材で、肌触りが良い上に優れた摩擦抵抗と防水性を兼ね備えた頑丈なものとなっています。

Incaseというブランドは、この『AirPods Pro』ケースを始めとして、様々なApple製品のケースを作っており、Apple公式ストアで取り扱っている数少ないブランド。

つまりAppleが認めた製品という事で、デザイン性や品質はAppleお墨付きといっても過言ではありません。

Incase AirPods Pro Case with Woolenexのパッケージや外観など

今回購入した『AirPods Pro Case with Woolenex』のパッケージや付属品などを見ていきます。なお、こちらの製品はApple StoreとApple公式サイト限定で販売されているケースです。

Incase AirPods Pro Case with Woolenexのパッケージ

『Incase AirPods Pro Case with Woolenex』のパッケージ。カラーバリエーションは「ブラック」「レッド」「ブラウン」「ピンク」の全4色展開。今回はブラックを購入しました。

Incase AirPods Pro Case with Woolenexのパッケージ裏面
Incase AirPods Pro Case with Woolenexのパッケージ側面

なお、この製品は『Incase AirPods Pro Case with Woolenex』という製品名の通り『AirPods Pro』専用ですが、通常のAirPods用ケースもあります。

Incase AirPods Pro Case with Woolenexのパッケージ開封

小ぶりなパッケージの中にケース本体が収められています。

Incase AirPods Pro Case with Woolenexの本体

付属品は、ケース本体以外に説明書のみとなっています。

本体の質感

Incase AirPods Pro Case with Woolenexの本体質感は良い

ケース本体表面は「Woolenex」というファブリック素材が使われています。布地のような手触りながらも、しっかりと作られており質感が非常に良いです。

ケース内部は、ポリカーボネート製なので軽くて頑丈。しっかりとAirPodsProを守ってくれます。

Incase AirPods Pro Case with WoolenexをAirPodsProに取り付け

それでは、実際に『AirPods Pro』に『Incase AirPods Pro Case with Woolenex』を取り付けていきます。

Incase AirPods Pro Case with Woolenexは純正かと思うくらいにピッタリ

まずはケースの下部から装着してみました。装着する時に感じたのですが、このケース本当にAirPods Proにピッタリと装着できます。まるでApple純正じゃないかと思うくらいにピッタリだったので、最初付けた時は軽く感動しました。多少大げさに聞こえるかもしれませんが、そのくらいにジャストフィットします。

Incase AirPods Pro Case with Woolenexケースの上部には保護シートが貼られている

続いてケースの上部。上部には両面テープがあります。購入当初は赤い保護シートが貼られていますので、まずはこれを剥がしていきます。

Incase AirPods Pro Case with Woolenexの保護シートを外す

保護シートを剥がすと両面テープが現れました。これを『AirPods Pro』に装着し、固定させます。

Incase AirPods Pro Case with WoolenexをAirPodsProに取り付けた様子

『Incase AirPods Pro Case with Woolenex』を取り付けた様子です。非常によくマッチしており、生まれ変わったかのようです。何回も蓋を開け閉めしてみましたが、しっかりとケースが付いており、ずれる事はそうそう無さそうです。

また、ケース本体は決して分厚いわけでは無いのですが、ケース内部のポリカーボネート素材のおかげで耐久性があり、多少落としたくらいでは傷は付かなさそうな印象。

Incase AirPods Pro Case with Woolenexを付けてもワイヤレス充電は出来る

背面はワイヤレス充電端子部分がガッツリと開いています。結構開いているので、もし落とした際に、この隙間部分に傷がつかないかなぁと不安に思う部分もあります。

葉っぱのようなマークは、Incaseのロゴマーク。この部分は『AirPods Pro』のペアリングボタンがある箇所なので、ここを押すことでAndroidやWindowsなど他のBluetooth対応機器と接続することが可能。

僕はロゴが入っているのはあまり好きではありませんが、このくらいシンプルで、さらにペアリングボタンの目印にもなるので、これはアリですね。

Incase AirPods Pro Case with Woolenexを付けてもライトニング端子は引き続き使える

ライトニング端子部分です。こちらも端子の大きさに対して割と大きく開いています。

一見デメリットに見えそうなこの隙間ですが、ライトニングケーブルの中には端子部分が太いケーブルがあり、そういった太いケーブルにも対応できるように設計されているようです。

Incase AirPods Pro Case with Woolenexを付けて横から見た様子

手にとって横から見た様子。『AirPods Pro』との間に隙間が無くピッタリと収まっているのが分かります。

Incase AirPods Pro Case with Woolenexを付けてもLEDランプは確認できる

ケースを付けた状態でも、『AirPods Pro』のLEDランプがしっかりと確認出来るようになっています。

Incase AirPods Pro Case with Woolenexを付けたままワイヤレス充電した様子

もちろんワイヤレス充電もケースを付けたまま可能。LEDランプの光を遮ることが無いので、充電している様子を確認できます。

Incase AirPods Pro Case with Woolenexを付けた時の重量

重量は『Incase AirPods Pro Case with Woolenex』と『AirPods Pro』本体全て合わせて、実測で66.1gでした。ケースを付けていても重くなったという印象は無いので、携帯性は損なわれていません。

Incase AirPods Pro Case with Woolenexのまとめ

Incase AirPods Pro Case with Woolenexのまとめ
  • Incase AirPods Pro Case with Woolenex のイマイチな点
  • カラビナが無いので、人によっては使い勝手が悪いかも
  • 価格は高め
  • Incase AirPods Pro Case with Woolenex の良い点
  • 純正ケースの様なジャストフィット感
  • 非常に質感が良く、手触りも抜群
  • 軽くて薄いのに、耐久性が高くしっかりとAirPodsProを守ってくれる

『Incase AirPods Pro Case with Woolenex』は高い質感と『AirPods Pro』にピタッとフィットするので、まるで純正ケースの様です。

ファブリック素材なので持った感触がとても良く、オシャレに保護することが出来ます。

難点としては、カラビナなどは付いていないので、カラビナ付きが欲しい方には向かないことと、価格が税別3,800円と、他の保護ケースと比較しても高いといった所。

とはいえ、価格が安い製品はやはりフィット感や耐久性に問題がある事が多いので、「良いものを長く使う」という観点から考えると、納得できる価格なのでは無いかと思います。

AirPods Pro』は充電ケースがツルツルとしたプラスチック素材で出来ており、見た目は美しいのですが、傷が付きやすいのが難点でした。

そんな難点を解消してくれる『Incase AirPods Pro Case with Woolenex』は『AirPods Pro』を持っている方におすすめのケースです。

ファブリック素材の『Incase AirPods Pro Case with Woolenex』はApple限定ですが、同じくIncaseブランドからメタリックケースというものも販売されており、そちらはAmazonなどでも購入可能です。