AirPods Proは一般的なBluetoothイヤホンと一緒

まず『AirPods Pro』は一般的なBluetoothワイヤレスイヤホンと一緒です。

iPhoneの場合、一般的なBluetoothワイヤレスイヤホンの様よりも簡単に設定出来てしまうので、あまり意識することはありませんが、パソコンに接続する時は一般的なBluetoothワイヤレスイヤホンと同じ様にペアリング設定をすれば問題なく使うことが可能。

ですので、パソコン側がBluetoothに対応していることが必須になります。

WindowsとAirPods Proを接続(ペアリング)する方法

それでは、Windowsと『AirPods Pro』を接続(ペアリング)させてみます。なお、今回はWindows10を使用しています。

WindowsのBluetooth設定を開く

まずはWindowsの画面左下にあるWindowマーク(スタートメニュー)から「歯車アイコン」を選択し、Windowsの設定画面を開きます。

Windowsの設定から「デバイス」を選択

「Bluetooth またはその他のデバイスを追加する」を選択

「Bluetooth」を選択

Bluetoothデバイスを追加できる状態になりましたので、『AirPods Pro』側の設定をしていきます。

AirPods Proをペアリング待機状態にする

『AirPods Pro』をペアリング待機状態にするには、『AirPods Pro』イヤホン本体を充電ケースに収納し、ケースの蓋を開けた状態で、充電ケース背面にあるボタンを長押しします。

充電ケース背面にあるボタンはちょっと分かりづらいですが、うっすらと切れ目が入っていますので、そこを長押しすることにより「ペアリング待機状態」になります。

『AirPods Pro』は「ペアリング待機状態」になると、前面のLEDが白く点滅するようになりますので、この状態でWindowsの設定に戻ります。

Windowsで『AirPods Pro』が認識されているので、クリックをするとペアリングが開始されます。

無事ペアリングが完了しました。これでWindowsで『AirPods Pro』を使うことが出来るようになりました。

WindowsにおけるAirPods Proの挙動と使い勝手

それでは、実際にWindows10と接続した『AirPods Pro』がどのような挙動になるのか、また使い勝手はどうなのかを調べていきます。

音量調整はWindows側で行う

これは別にWindowsに限った話ではありませんが、『AirPods Pro』本体には音量調整する機能は無いので、音量調整したい場合は、Windows側の方で音量を変更します。

ノイズキャンセリング・外音取り込みの切り替えはAirPods Pro本体で行う

Windows側からは『AirPods Pro』の機能である「ノイズキャンセリング」と「外音取り込み」の切り替えが出来ません。そのため、モードを切り替えたい場合は『AirPods Pro』本体のステム(軸)部分を長押しして、切り替えることになります。

イヤホンを付けているかどうかの判別は出来ない

iPhoneで『AirPods Pro』を使っている時に、耳からイヤホンが外れると音楽が一時停止するという様な機能がありますが、Windowsでは『AirPods Pro』が耳に付いているかどうかの判別は出来ません。

そのため、音楽再生中に耳から『AirPods Pro』が外れてしまっても、そのまま再生し続けるという挙動になります。

曲再生・停止は普通に可能。曲送り・曲戻しはアプリによる

『AirPods Pro』はステム(軸)部分を押すことによって曲の再生・停止や曲送り・曲戻しが出来るようになっています。

  • 1回押し:曲の再生・停止
  • 2回押し:曲送り
  • 3回押し:曲戻し

基本的には上記のような挙動になりますが、Windowsで使った場合は「1回押し」はどのようなアプリでも問題なく動作しましたが、「2回押し」「3回押し」についてはアプリによって挙動が異なりました。

1回押しによる、曲の再生・停止は基本的に全てOK

Windows用音楽再生ソフトは種類が沢山ありますが、僕がメインで使っている「MusicBee」や「Amazon Music」、Windowsに標準で付いている「Groove ミュージック」「Windows Media Player」など、あらゆるソフトに加え、Youtube動画再生時にも、『AirPods Pro』本体1回押しによる曲の再生・停止は問題なく動作しました。

2回押し・3回押しによる、曲送り・曲戻しはGrooveミュージックのみ動作

Windows10に標準で付いてくる音楽再生アプリである「Grooveミュージック」のみが、『AirPods Pro』本体2回押し・3回押しによる曲送り・曲戻しに対応していました。

その他のアプリは、2回押しても1回押しと同じ再生・停止しかしなかったので、なぜか「Grooveミュージック」のみが、2回・3回押しに対応しているという状況でした。

その他僕が使っていないアプリにも対応しているものがあるかもしれませんが、基本的にはあまり期待しないほうが良いと思います。

Youtube動画にも対応

最近ではYoutubeで音楽を聴いている方も多いと思いますが、Youtube動画を再生している時でも『AirPods Pro』本体の操作は有効です。

1回押しすれば、動画の再生・停止が出来ます。

また「再生リスト」の様に複数の動画を次々に見ていく場合は、2回押しすると「次の動画」を、3回押しすると「前の動画」を再生してくれるので、普通の音楽アプリと変わらない使い勝手で動画を楽しめます。

WindowsでAirPods Proを使った場合の遅延具合

『AirPods Pro』を使って、Windowsƒで幾つかのゲームを遊んでみました。

遅延については、無いわけではないが、かなり少ないと思います。

「音ゲー」とか「FPS」の様なガチで遅延が大敵というゲーム以外であれば、普通に遊べてしまうので、『AirPods Pro』の遅延の少なさはかなり優秀だなと思いました。

MacとAirPods Proを接続(ペアリング)する方法

Windowsに引き続き、Macと『AirPods Pro』を接続する方法を見ていきます。

iPhoneで接続済みの場合、ペアリングは不要

Macの場合、iPhoneで既に『AirPods Pro』と接続済みの場合であれば、iCloud経由で既にデバイスの登録が完了しています。(iPhoneと同じAppleIDである必要があります)

同じApple製品なので、セットアップは非常に簡単です。

あとは『AirPods Pro』を選んで「接続」を押せば、すぐに使い始めることが可能です。

MacにおけるAirPods Proの挙動と使い勝手

それでは、Macにおける『AirPods Pro』の挙動と使い勝手を見ていきます。

イヤホン・ケースの電池残量が確認できる

OS側から『AirPods Pro』本体とケースの充電残量が確認できます。Windowsでは出来なかったので、これは地味に便利。

ノイズキャンセリング・外音取り込みの切り替えはOSから切替可能

Macの場合は、OS側から「ノイズキャンセリング」や「外音取り込み」の切り替えが出来ます。『AirPods Pro』と接続している場合、右に「オプション」というボタンが表れます。

『AirPods Pro』を長押しした時の挙動を、左右それぞれで異なる動きに出来る他、ノイズコントロールの切り替えなど、様々な設定がOSから可能となっています。

iPhoneほど設定項目は多くありませんが、それに近いくらいの設定が可能となっている点は、流石Macだなと思います。

なお、ここから『AirPods Pro』のペアリングを解除することも可能ですが、iPhoneを始め、iCloudアカウントに接続している全てのデバイスから『AirPods Pro』が削除されるので、注意が必要です。

イヤホンを付けているかどうかの判別が出来る

Macでは、iPhone同様に『AirPods Pro』が耳に装着しているかどうかの判別が出来ます。そのため、音楽再生中や、Youtube動画を見ている最中でも『AirPods Pro』を耳から外すと一時停止され、再度耳に付けると再開される挙動となっています。

流石同じApple製品ということで、iPhone同様の使い勝手を実現していますね。

ちなみに、イヤホンを耳に付けているかどうかの判定は、オプションから無効にすることも可能です。

Bluetoothオプションの「自動装着検出」のチェックをオフにすれば、判定を無効にすることが出来ます。

曲再生・停止、曲送り・曲戻しも対応

OSレベルで『AirPods Pro』本体操作による曲再生・停止、曲送り・曲戻しに対応しているようです。MacOSに標準で付いている「ミュージック」アプリの場合も問題なく本体操作に対応していますし、Macで有名なメディアプレーヤーであり「VLC」でも試してみましたが、問題なく曲送りや曲戻しも行えました。

なお、Windows同様Youtube動画にも対応しており、本体操作による「動画の再生・停止」「次の動画」「前の動画」が可能となっています。

複数デバイス間でシームレスな接続を実現

iOS14から、iPhoneと同じAppleIDを持つデバイス間で『AirPods Pro』が自動的に切り替えられるようになりました。

例えば、『AirPods Pro』Macで動画を見た後、iPhoneで音楽を再生すると、自動的にiPhoneの方に接続され、特別な動作をしなくてもiPhoneの音楽が再生されます。

今までは手動でBluetoothの設定から切り替えをしなくてはいけなかったので、自動的にデバイスを切り替えてくれるこの機能により、使い勝手が大幅に向上しました。

AirPods ProはiPhoneだけじゃなくWindowsやMacでも優れた使い勝手を実現

『AirPods Pro』は、iPhoneやiPadなどと接続して使っている方が多いと思いますが、WindowsやMacの様なパソコンでも優れた使い勝手を実現しています。

特にMacの場合、同じApple製品ということでiCloud経由で自動的にデバイスが登録されており、OS側からある程度設定も可能とiPhoneと変わらない使い勝手を実現していました。

Windowsの場合は、一般的なBluetoothワイヤレスイヤホンと同じ感覚で接続する必要はありますが、Apple製品だからといって特別使い勝手が悪いという事もなく、『AirPods Pro』はかなり遅延が少ないので、ゲームでも問題なく使えたのが良い印象でした。

『AirPods Pro』は、iPhoneだけじゃなくWindowsやMacなどのPCでも非常に使いやすいので、持っている方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

Apple AirPods Pro
Apple(アップル)
¥29,036 (2021/10/17 11:29:33時点 Amazon調べ-詳細)