白い”モノ”が中心のガジェットレビューブログ
AirPods Proの基本的な使い方から、覚えておくと便利な設定を紹介

こんにちは、AirPods Proを愛用している、ぶっち(@___bucchi)です。

完全ワイヤレスイヤホンで人気なのがAppleから発売されている『AirPods Pro(エアーポッズプロ)』。

AirPods Pro

iPhoneとの相性が良く、難しい設定をしなくてもすぐに使いはじめられるのが特徴ですが、『AirPods Pro』には説明書が付属しないので、意外と見落としがちな設定があります。

そこで、本記事では『AirPods Pro』と初期設定基本的な操作方法に加え、覚えておくと便利な設定方法を紹介します。

使いこなすと、より『AirPods Pro』の実力を引き出すことができるので、ぜひ本記事を参考にしてください。

AirPods Proの初期設定

『AirPods Pro』は、Bluetoothイヤホンなので、まずはデバイスと「ペアリング(接続)」する必要があります。

ペアリングと言うと面倒で難しそうな印象がありますが、iPhoneやiPadなどApple製品であれば拍子抜けするほどに簡単です。

iPhone(iPad、Mac)とのペアリング方法

1.iPhoneのBluetoothをオンにする

まずは、iPhone側のBluetoothがオンになっているかの確認。「設定 > Bluetooth」から、オン(緑色)になっている事を確認しましょう。

iPhoneのBluetoothをONにする

2.AirPods Proのケースを開ける

iPhoneの近くで『AirPods Pro』の充電ケースを開けると、自動的に認識しアニメーションと共にポップアップが表示されます。

「接続」→「続ける」とタップすると、iPhoneと『AirPods Pro』のペアリングが完了

これだけでiPhoneとの接続が完了し『AirPods Pro』を使い始める事が可能です。

AirPods Pro背面にあるボタンを長押しするとペアリングモードになる

もしポップアップが表示されない場合『AirPods Pro』本体裏にあるボタンを長押しすると、表示される事があるのでお試しください。

iCloud経由で他のAppleデバイスにペアリング情報が同期される

iPhoneと『AirPods Pro』をペアリングすると、iCloud経由でMacなど他のAppleデバイスにも接続情報が同期されます。(ペアリングしたiPhoneと同じAppleIDである必要があります)

AirPods Proを選択して接続すればすぐに使える
Macで既にAirPods Proが認識されている

ペアリングした事の無いMacのBluetooth設定画面を見ると『AirPods Pro』が認識されているのが分かります。

この辺りのシームレスな連携はApple製品ならでは…といった所。Macで使いたい場合「接続」を選択すれば『AirPods Pro』で音を聞くことが出来ます。

注意点としては「解除」する時。iCloudで同期されている為、Macから「解除」した場合も、同一のAppleIDに紐付いているデバイス全てのペアリングが解除されます。

AndroidやWindowsでのペアリング方法

AndroidやWindowsで使う場合、一般的なBluetoothデバイスと同じ手順でペアリングが可能です。

Android、Windowsでのペアリング方法
  1. 使いたい端末のBluetooth接続画面を開く
  2. AirPods Proのケースを開ける
  3. AirPods Proのケース背面にあるボタンを長押しする
  4. Bluetoothデバイスに「AirPods Pro」と表示されたら「接続」を選択
  5. 接続済みと表示されたら接続完了

具体的な手順は上記の通り。

特に難しい事はありませんが、注意する点としては、充電ケース背面にあるボタンを長押しするという事くらいでしょうか。

『AirPods Pro』の背面ボタンは、長押しすると「ペアリングモード」に移行し、ケース前面にあるLEDのが白く光ります。

Bluetooth画面一覧に『AirPods Pro』が出てこない時は、LEDの色などを確認してみると良いでしょう。

AirPods Proの基本的な操作方法

それでは『AirPods Pro』の基本的な操作方法を 紹介します。

AirPods Proの軸(ステム)部分

『AirPods Pro』の特徴的な形である、長く伸びた軸(ステム)部分には感圧センサーが内蔵されており、それを操作することで、様々な動作が可能となっています。

また『AirPods Pro(第1世代)』と『AirPods Pro(第2世代)』で、若干操作が異なるので、それらをまとめたのが下記の表になります。

動作・状態イヤホン本体の操作
電源オンイヤホンを充電ケースから取り出す
電源オフイヤホンを充電ケースに戻す
再生/停止ステムのへこみを1回押し
曲送りステムのへこみを2回押し
曲戻しステムのへこみを3回押し
音量を上げる
※第2世代のみ
ステム部分を上にスワイプ
音量を下げる
※第2世代のみ
ステム部分を下にスワイプ
通話応答/終了ステムのへこみを1回押し
着信拒否着信中、ステムのへこみを2回押し
通話切り替え通話中にステムのへこみを1回押す
ステムのへこみを2回押すと、現在の通話を終了して保留した電話に切り替え
モード切替
(ANC↔外部音取り込み)
ステムのへこみを長押し

上記を踏まえて、いくつか補足をしていきます。

ノイズキャンセリング・外部音取り込み切り替え

初期状態では、ステムのへこみを長押しすることで、「ノイズキャンセリング」と「外部音取り込み」の切り替えが可能となっています。

howto airpods pro g

これらの動作はiPhoneの設定画面より変更可能。

また、左右それぞれに違う機能を割り当てられるので、「右側はノイズコントロール」「左側はSiriの呼び出し」といった使い方も出来ます。

音量調整

『AirPods Pro(第2世代)』の場合、イヤホン本体のステム部分を上下にスワイプすることにより、音量調整が出来るようになりました。

howto airpods pro 3

イヤホンだけで直感的に操作できるので、『AirPods Pro(第2世代)』を使っている場合は、この方法が一番簡単です。

一方、『AirPods Pro(第1世代)』は、イヤホン単体で音量調節を行うことはできません。

そのため、iPhone本体や周辺機器を操作して音量調節を行いますが、主な方法としては以下の通りです。

AirPods Proの音量調整方法
  • iPhone本体のサイドボタンで調整する
  • iPhoneのコントロールセンターで調整する
  • Siriを使って調整する
  • (持っている場合)Apple Watchで調整する

iPhone本体のサイドボタンで調整

iPhoneで音量調整と言えば、本体のサイドに付いているボタンを使いますが、やはりこの方法が一番簡単です。

iPhoneのコントロールセンターで調節

コントロールセンターからも音量の調節が可能。画面のアイコン部分を上下にスライドすれば音量が変更できます。

Apple Watchを持っている場合

Apple Watchを持っている方は、Apple Watch本体横に付いているダイヤルを回すことで音量の調節が出来ます。また、Apple Watchの画面上に現れる音量カーソルをスライドさせることでも同様に音量調節が可能です。

Siriで音量調整

Siriを有効にしていれば「Hey Siri」でSiriを呼び出し「Siri音量下げて」と話しかける事でも音量は調節可能です。声出さなければいけないのでちょっと恥ずかしいですが、一応iPhoneを触らずに音量調節が可能です。

AirPods Proの充電方法

『AirPods Pro』を充電する主な方法は2つ。1つは有線で行う方法、もう一つはワイヤレス充電する方法です。

Lightningケーブルを使って有線で充電する

AirPods Proの充電はライトニングケーブルで行う

有線で充電する場合は、iPhoneでも使われているLightningケーブルを使います。

有線なので、ケーブルを挿すという手間がありますが、充電効率が良く充電時間が短いというメリットがあります。

ワイヤレスで充電する

『AirPods Pro』は、Qi規格のワイヤレス充電に対応しているので、ワイヤレス充電器を持っていれば『AirPods Pro』を置くだけで充電することが出来ます。

AirPods ProはQi規格のワイヤレス充電に対応

一般的にワイヤレス充電器というのは、有線より充電効率が悪いので、充電時間は有線よりも長くなる傾向にあります。そのため、素早く充電したいという場合、素直に有線ケーブルを使ったほうが良いです。

また、写真のような平べったい”パッド型”のワイヤレス充電器であれば問題ありませんが、スマホを立て掛ける用の”スタンド型”の場合、位置があわず充電できない事があるので注意が必要です。

MagSafe充電器は使えるか?

『AirPods Pro(第2世代)』の充電ケースは「MagSafe」というマグネットで固定して充電する方法に対応しています。

位置がズレて充電が上手くいかない……というワイヤレス充電の弱点を解消したMagSafeは、非常に使い勝手が良いので『AirPods Pro(第2世代)』を持っている方は、MagSafe対応の充電器を用意しておくと便利。

一方、『AirPods Pro(第1世代)』の充電ケースは、「MagSafe」には対応していないものの、Qi規格のワイヤレス充電には対応。

位置がズレると上手く充電出来ないという難点はあるものの、ケーブル不要で充電できるというメリットはあります。

AirPods Proの設定を確認

『AirPods Pro』は、iPhoneから様々な設定が可能です。

『AirPods Pro』を接続したiPhoneのBluetooth画面より、「i」アイコンをタップすることによって設定画面になります。

以下では、この設定画面で出来ることを開設します。

AirPodsProの名前を変更

僕の『AirPods Pro』は今「ぶっちのAirPods Pro」っていう究極にダサい名前になっていますが、これは設定画面の「名前」をタップする事で、好きな名前を付けることが出来ます。

ここで付けた名前は、Bluetoothのリストを始め様々な箇所で表示されます。特にAirPodsシリーズを複数持っている場合や、家族を含め『AirPods Pro』を複数台持っている場合などは、それぞれに分かりやすい名前を付けておくと良いでしょう。

ノイズコントロールの切り替え

この画面から「ノイズキャンセリング」や「外部音取り込み」などを切り替える事が出来ます。

AirPods Proを長押しした時の動作

基本的な使い方の方でも少し触れましたが『AirPods Pro』の軸(ステム)部分は長押しすることによって、「ノイズキャンセリング」と「外部音取り込み」が切り替わるようになっています。

この動作は設定画面から変更が可能で、デフォルトでは「ノイズキャンセリング」と「外部音取り込み」にチェックが入っています。

もし「外部音取り込み」を使わないということであれば、「ノイズキャンセリング」と「オフ」にチェックを入れれば、長押しした時に「ノイズキャンセリング」と「オフ」が切り替わるようになります。

また、左右それぞれに設定が可能で、Siriの呼び出しにも使えるので、左を長押しするとSiri、右を長押しするとノイズコントロールというような使い方が出来ます。

イヤーチップ装着状態テスト

『AirPods Pro』は”カナル型”と呼ばれる耳栓のような形状をしているので、耳にしっかりと装着することが重要です。付け方が甘いと、音質が悪く聞こえたり、ノイズキャンセリング性能も落ちてしまいます。

そこで役に立つのが「イヤーチップ装着状態テスト」。『AirPods Pro』を耳に装着した状態でこのテストを行うと、音楽が再生され、ちゃんと耳にしっかりとフィットしているかを確認してくれます。

付け方が悪い場合や、イヤーチップが耳に合っていない場合、上のように教えてくれるので、イヤーチップを他のサイズにしてみるなどの対処が必要です。

自動耳検出

『AirPods Pro』は、本体に搭載されているセンサーによって「耳に装着されているかどうか」を判断しています。

この「自動耳検出」がオンになっている場合、音楽再生時に『AirPods Pro』を耳から外すと、音楽が一時停止します。再度耳に付けると自動的に続きから再生されるので、使い勝手が良いですね。

ただ、場合によっては耳から外しても再生を止めないで欲しいという事もあるかもしれませんので、その際はこの「自動耳検出」を「オフ」にすれば耳から外しても音楽が止まらなくなります。

このiPhoneに接続

iOS 14からは、iPhoneやiPad、Mac間で同じAppleIDを使用している場合、自動的にデバイスが切り替わるようになりました。Apple版”マルチポイント接続”と呼べる機能ですが、これをやめたい場合は、「このiPhoneに接続」から停止することができます。

「このiPhoneに接続」内にある「このiPhoneに前回接続していた場合」を選択すると、自動的にデバイスが切り替わらないようになります。

AirPods Proのリセット(初期化)する方法

なんか『AirPods Pro』の調子が悪いなぁ…って時に試したいのがリセット(初期化)です。

リセットにより、軽微な不具合だったら直る可能性があるので、修理に持ち込む前にまず一度は試してみましょう。

リセットの方法は下記の手順で行います。

1.AirPods Proを充電ケースに入れ、蓋を閉じる

2.30秒ほど待つ

3.充電ケースの蓋を開ける

4.デバイスの登録を解除する

「設定」→「Bluetooth」→「AirPods Proのiボタン」→「このデバイスの登録を解除」とすると、iPhoneから「AirPods Pro」が削除(解除)されます。

5.AirPods Proの蓋を開けたまま、背面のボタンを約15秒ほど長押しする

howto airpods pro 9

6.AirPods Proを再接続する

これで直らなければ…素直にAppleに修理に出しましょう。

知っておくとより便利に使える機能や設定

ここからは、知っておくとより便利に『AirPods Pro』が使える機能を紹介していきます。

AirPods Proのバッテリー残量を確認する方法

『AirPods Pro』のバッテリーがどのくらい残っているかを確認する方法を見ていきます。

ウィジェットから確認する

AirPods Proのバッテリー残量をウィジェットから確認

iPhoneのウィジェットにある「バッテリー」から『AirPods Pro』イヤホン本体と、充電ケースそれぞれのバッテリー残量が確認できます。

iOS 14からはホーム画面のどこにでも配置出来るようになったので、これでウィジェットで確認するのが一番簡単です。

AirPods Proのケースを開ける

AirPods Proのケースを開けることでもバッテリー残量が確認できる

iPhoneを使っている最中に、『AirPods Pro』のケースを開けると、画面下からアニメーションで電池残量が表示されます。耳に入れる前にどのくらい電池が残っているかを確認するのに便利です。

Macの場合Bluetoothメニューから確認できる

Macと接続している場合、メニューバーよりAirPods Proのバッテリー残量が確認できる

Macで『AirPods Pro』を使っている場合、メニューバーの「Bluetooth」よりバッテリー残量が確認できます。

左・右・ケース、それぞれが残りパーセントで表示されるので、Macで使っている場合はこちらの確認方法がオススメです。

↓ではより詳細にバッテリー残量の確認方法を紹介していますので、ぜひご覧ください。

AirPods Proの音質を調整する方法

完全ワイヤレスイヤホンの中には、アプリを使って自分好みの音質に変更できる”イコライザ”を搭載している製品もありますが、『AirPods Pro』にはイコライザは搭載されていません。

…が、実は好みの音質に調整する機能がiOS 14から追加されています。

設定箇所は設定のかなり深い部分にあり、「設定」→「アクセシビリティ」→「AirPods」→「オーディオアクセシビリティ設定」→「ヘッドフォン調整」にあります。

ここにある「ヘッドフォン調整」をONにすると、音質の調整が可能。

ここにある「カスタムオーディオ設定」を選択すると、ガイダンスにそって好みの音を選択していくことで自分好みのカスタマイズ設定が可能となります。

また、「オーディオを以下に調整」から、手動で好みの音に切り替えることもできます。

音の傾向は結構変わるので、色々と試してみると楽しいかもしれません。

空間オーディオを楽しむ

「iOS14」のアップデートにより『AirPods Pro』が「空間オーディオ」に対応しました。

引用:Apple公式サイト

「空間オーディオ」とは、イヤホンでも前後左右から音が聴こえてくる音響効果の事で、まるでスタジオや映画館にいるかのような感覚で音を聴ける技術の事です。

『AirPods Pro』や『AirPods Max』の場合、頭の動きに合わせて聴こえる方向が変わる「ダイナミックヘッドトラッキング」にも対応しているので、より臨場感のあるサラウンドサウンドが楽しめます。

「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」対応コンテンツであれば、「空間オーディオ」を楽しむことが出来ると思いますが、『AirPods Pro』の設定画面でも、どのように聴こえるかを試すことが出来ます。

「設定」→「Bluetooth」→「AirPods Pro」の「i」アイコンをタップすると、設定画面に入りますが、その中に「空間オーディオ」という項目があります。

ここから従来の「ステレオオーディオ」と「空間オーディオ」を切り替えることができ、音の聴こえ方がどうなるのかをシミュレーション出来るので、興味ある方は試してみてください。

iOS15からはステレオ空間化が有効に

iOS15からは、従来の「ステレオオーディオ」を「空間オーディオ」の様に立体的に聴こえるようにしてくれる「ステレオ空間化」が出来るようになりました。

コントロールセンターの音量調節バーを長押しすると、音量調節バーが大きくなり、ノイズコントロール設定とステレオ空間化設定が表示されます。

「ステレオ空間化」をオンにすると、普通の曲も立体的に聴こえるようになります。あくまで元々のステレオをそれっぽく聴こえるようにしているだけだとは思いますが、意外にも結構雰囲気ある感じに聴こえるので、試してみると面白いかもしれません。

片耳だけ付けた状態でノイズキャンセリングを有効にする方法

『AirPods Pro』は、デフォルトの状態だと両耳ともにイヤホンを付けた状態じゃないとノイズキャンセリングが有効にならず、もし片耳だけ外れてしまった場合は、自動的に「外部音取り込みモード」になるようになっています。

片耳だけの状態でもノイズキャンセリングを有効にしておきたい場合、設定から変更が可能です。

「設定」→「アクセシビリティ」→「AirPods」→「AirPodsを1つだけ装着時にノイズキャンセリング」をONにする事で、片耳だけの状態でもノイズキャンセリングを有効にすることができます。

自動切り替え機能により自動的に接続されるデバイスが切り替わる

iOS 14から、同一のAppleIDでサインインしているデバイス間で『AirPods Pro』が自動的に切り替えられるようになりました。

例えば『AirPods Pro』を使ってMacで動画を見た後、iPhoneで音楽を再生すると、自動的にiPhoneの方に接続され、特別な動作をしなくてもiPhoneの音楽が再生されます。

同じAppleIDでサインインしているという制限はあるものの、いわゆる”マルチポイント機能”と呼ばれているものに近い使い方が出来ます。Appleデバイスを沢山持っている方にとっては嬉しい機能の追加ですね。

AirPods Proにオススメのアクセサリ

『AirPods Pro』で使える、イヤーピースなどオススメのアクセサリを幾つか紹介。

イヤーピース

『AirPods Pro』では、純正のイヤーピースとして「S」「M」「L」が付属してきますが、耳に合わない場合や、無くした場合は、別途イヤーピースを購入する必要があります。

AirPods Proのイヤーピースは一般的なものと互換性が無い

『AirPods Pro』で使われているイヤーピースは独自の形状をしているため、一般的なイヤホンのイヤーピースは使えません。そのため、無くした時や交換したい時は『AirPods Pro』専用のイヤーピースを購入する必要があります。

当初は『AirPods Pro』用のイヤーピースは種類が少なかったのですが、最近は様々なメーカーから販売されています。イヤーピースを替えることによって、耳へのフィット感が良くなったり、音質面が向上する場合もあるので、純正イヤーピースに不満がある方は、別製品のイヤーピースを検討してみると良いでしょう。

AZLA SednaEarfit Crystal for AirPods Pro イヤーピース

素材に最高級ドイツ製プレミアムLSR(リキッド・シリコン・ラバー)を採用し、⾧時間使用しても耳への負担が少なく、程よい摩擦抵抗と固定力による落下防止、かゆみやアレルギーに対しての低刺激性と細菌繁殖の抑制、そして高い耐久性を高次元で両立しているイヤーピースです。

Comply Apple AirPods Pro 専用チップ

イヤーピースメーカーの中でも高い知名度と性能を誇る「Comply(コンプライ)」からも『AirPods Pro』用イヤーピースが販売されています。コンプライのイヤーピースはポリウレタンフォームを採用し、体温で柔らかくなり耳にピッタリフィットするのが特徴。

純正イヤーピースよりも高い密閉性能を誇るので、『AirPods Pro』の特徴であるノイズキャンセリング性能を更に向上させ、音質面でも原音を限りなくピュアに伝えると評判のイヤーピースです。

ケース

『AirPods Pro』の充電ケースはツヤツヤしていて高級感がある質感ですが、傷が付きやすいのが弱点。そこで合わせて使いたいのが保護ケースです。

保護ケースは様々な素材や種類が販売されているので、自分の好みに合わせて選べます。その中でもいくつかオススメのケースを紹介。

ESR Protective AirPods Cover

ESR Protective AirPods Cover

ESR Protective AirPods Cover』はシリコン製の『AirPods Pro』保護ケースです。余計な装飾が無く、非常にシンプルなのが特徴。

シンプルさを損なわず、細かい傷から『AirPods Pro』を守ってくれます。

ESR Protective AirPods Coverを付けていてもAirPods ProのLEDはしっかり見える

保護ケースを付けていても『AirPods Pro』のLEDランプはしっかりと確認できます。

ESR Protective AirPods Coverは薄いのが特徴

保護ケース自体薄く、付けていても違和感が無いのが特徴。ミニマムなケースが欲しいという方にオススメのシリコン保護ケースです。

Incase AirPods Pro Case with Woolenex

『AirPods Pro Case with Woolenex』はApple StoreとApple公式サイト限定で販売されているケースです。

Incase AirPods Pro Case with WoolenexはAppleStoreでのみ購入可能

ケース本体表面は「Woolenex」というファブリック素材が使われており、布地のような手触りながらも、しっかりと作られており質感が非常に良いです。

ケース内部は、ポリカーボネート製なので軽くて頑丈。しっかりとAirPodsProを守ってくれます。

Incase AirPods Pro Case with Woolenexはピッタリフィットし、質感がとても良い

『AirPods Pro』にピッタリとフィットし、全くズレるような様子はありません。AppleStoreで扱っているだけあって、質感やデザインがとても良いケースです。

他のケースと比較すると、若干価格が高いのがネックですが、質が高く間違いないケースが欲しいという場合は有力な選択肢と言えます。

PITAKA AirPods Pro 対応ケース MagEZ Case

howto airpods pro a
引用:Amazon.co.jp

最近スマホやタブレット、イヤホン用として人気なのが「PITAKA」のケース。

PITAKAのケースはアラミド繊維(アラミドファイバー)という素材で作られているのが最大の特徴です。

アラミド繊維(アラミドファイバー)とは、軍用素材で「スーパーカー」「宇宙船」「防弾チョッキ(ボディアーマー)」などに多く採用されている高機能素材の事。軽量さと丈夫さを兼ね備えており『AirPods Pro』をしっかりと守ってくれます。

また、『PITAKA AirPods Pro 対応ケース MagEZ Case』は、カーボン風のデザインを採用し、シンプルながらオシャレな雰囲気を出してくれるという事で、カッコいいデザインのケースが欲しいという方にもオススメなケースとなっています。

高性能な反面、AirPods Pro用ケースとしては、かなり価格が高いという点がネック。

価格は高くても、長く使え、性能とデザインが良いケースが欲しいといった場合『PITAKA AirPods Pro 対応ケース MagEZ Case』は、有力な選択肢となりそうです。

INDEX