GRANPRO V1 レビュー
3,000円台で買えるモニターヘッドホン。価格を超えた驚きの音質

GRANPRO V1 レビュー

音楽を聴くためにヘッドホンを使っている方も多いと思いますが、「モニターヘッドホン」ってご存知でしょうか?

「モニターヘッドホン」は、音楽を楽しむ事を目的とした一般的なヘッドホンとは異なり、原音に忠実な味付けのない音を聴くことができるもので、主にレコーディング現場などプロの作業場で使われています。

変に特定の音域が強調されることの無いフラットな音なので、モニターヘッドホンの方が好みという方もいます。

そんなモニターヘッドホンは、業務用という事もあり、安いものでも1.5万円以上はするのですが、3,980円という驚きの低価格を実現したモニターヘッドホンが、今回紹介する『GRANPRO V1』です。

『GRANPRO V1』は、以下の特徴を持ったヘッドホン。

GRANPRO V1の特徴
  • 税込3,980円という価格
  • 40mmの大型ドライバーを搭載
  • 反転機構を搭載し、片耳リスニングに対応
  • リケーブル対応
  • 3年間の保証

とても3,000円台とは思えないくらいに様々な特徴が詰め込まれた『GRANPRO V1』。

今回、この『GRANPRO V1』をメーカー様の方からご提供頂きましたので、実際に使ってみて、その使い勝手や装着感、音質などを詳しくレビューしていきます。

GRANPRO
¥2,980 (2022/09/25 11:38:43時点 Amazon調べ-詳細)

本記事はメーカー様より製品をご提供頂き、作成しております。

GRANPRO V1とは

2018年に渋谷から誕生した、次世代の楽器・レコーディング機器ブランド「GRANPRO(グランプロ)」から発売された、モニターヘッドホンが『GRANPRO V1』です。

GRANPRO

「GRANPRO」は、元々ギターのアクセサリーや、マイク/レコーディング機器などの音楽制作に関わるアイテムを展開してきたブランドです。

どのアイテムも低価格ながら品質が高くコスパに優れていると評判でしたが、そんな「GRANPRO」から遂にヘッドホンが登場しました。

GRANPRO(グランプロ)とは

2018年に渋谷で設立された、楽器とレコーディング機材専門のブランドです。

低価格なオーディオ機器というと、どうしても中華製の粗悪な製品をイメージしてしまいますが、GRANPROを販売する「株式会社烏山商店」は正真正銘、日本の企業。

当然サポートも日本語で対応してくれるので、安心感があります。

スペック

GRANPRO V1
形状オーバーイヤー
ドライバーサイズ40mm
再生周波数帯域100Hz-24KHz
感度98dB±3bB
インピーダンス32Ω
最大出力450mW
コネクター3.5mm
重量235g
保証期間3年間
価格3,980円(税込)

GRANPRO V1の開封と本体外観

GRANPRO V1』を開封して、パッケージ内容や本体外観・サイズ感を見ていきます。

パッケージは黒を貴重としたシックなもの。

オシャレというわけではありませんが、モニターヘッドホンという事で無骨な感じがするパッケージデザインとなっています。

パッケージ内容

GRANPRO V1のパッケージ内容
GRANPRO V1のパッケージ内容
  • GRANPRO V1本体 1個
  • 1.2mケーブル 1本
  • 3mケーブル 1本
  • 3.5mm-6.3mm変換プラグ 1個
  • 付属ポーチ 1個
  • 取扱説明書

パッケージ内容は上記の通り。

付属品と共に入っていた手紙

付属品と共に入っていたメッセージ。

個人的にこういうメーカーさんからのメッセージってメチャクチャ好印象です。こういうのが入っているだけで応援したくなりますw

付属する1.2mのケーブル

付属してくるケーブルは1.2mのものが1本。

付属する3mのケーブルと変換プラグ

さらに3mのものが1本。それに加え3.5mmステレオミニプラグを6.3mm標準プラグに変換する「変換プラグ」も同梱されています。

長さの異なるケーブルが2本も付いてくるのは良心的ですね。

自宅用として長いケーブルを、持ち運び用として短いケーブルを使うといった使い分けも出来そうです。

付属のポーチはヘッドホンがピッタリと収まるサイズ感で、持ち運び用として便利。

表面素材はフェイクレザーで水や汚れにも強く、しっかりとヘッドホンを保護してくれます。

取扱説明書は日本語でしっかりと書かれている

説明書は簡素ながらも、しっかりと日本語での使用方法が書かれています。

本体外観・サイズ感

GRANPRO V1』の本体外観やサイズ感を見ていきます。

GRANPRO V1の本体
GRANPRO V1の本体デザイン

全体的な見た目はかなりシンプル。ハウジング部分にGRANPROのロゴは入っていますが、それ以外に目立った装飾や飾りなどはなく、なんとなくプロ用っぽい雰囲気。

本体の質感自体はプラスチック感が強めで、あまり高級感みたいなものはありません。この辺りは価格相応といった感じでしょうか。

リケーブルにも対応している

イヤーパッド下部には、3.5mmのジャックがあり、ここにケーブルを挿して使います。

こういう風にケーブルが着脱式になっていると、ケーブルが断線した時に取り替えられる、好みの長さのケーブルを使うことができる…などメリットが大きいです。

ハウジング内部にはLRの表記があり分かりやすい

内部には「L」「R」の表記があり、装着時に迷わないようになっています。

イヤーパッドはかなりフカフカ

耳に当てるイヤーパッドはかなり柔らかくフカフカな感触。これであれば耳も痛くなさそうな印象です。

ヘッドバンド表面にあるロゴ

ヘッドバンド上部にもGRANPROのロゴが入っています。

ヘッドバンドの内側もフカフカしている

ヘッドバンド内側も柔らかくフカフカ。頭に当たっても痛くなりづらそう。

スライダーは段階的に調節が可能です。調整幅は結構大きいので、頭の大きい方でも問題なく装着できると思います。

イヤーパッドは180°回転可能

イヤーパッドは180°回転可能なので、よくDJなんかがやっている、片耳リスニングにも対応。

GRANPRO V1の重量

ヘッドホン単体の重量は実測で235g

重量的には一般的なヘッドホンと同じくらいの重量です。

GRANPRO V1の使用レビュー

それでは、ここからは『GRANPRO V1』を実際に使ってみて感じた、使い勝手や音質などを見ていきます。

装着感

GRANPRO V1を装着した様子

GRANPRO V1』を付けてみた様子。

装着感はかなり良いです。

耳がすっぽりと収まるオーバーイヤータイプが採用されているため、耳を圧迫せず、それでいてしっかりと密閉されます。

すっぽりと耳を覆うオーバーイヤータイプ

ノイズキャンセリング機能は無いものの、しっかりと密閉されているおかげで外部の音が思ったより遮断されますね。音楽に集中したい時など、かなり良さそう。

側圧もそこまで強くないですし、イヤーパッドがフカフカで柔らかいので装着していてもキツイ感じはありません。これであれば長時間のリスニングでも疲れを感じにくいのではと思います。

反面、ヘッドホンと顔の間に隙間が少ないため、長時間付けっぱなしだとちょっと蒸れる感じがします。

蒸れるのが苦手な方は、開放型ヘッドホンとかの方が良いかもしれません。

音質

GRANPRO V1』の音質についてレビューしていきます。

なお、本製品は”モニターヘッドホン”と謳われていますが、僕自身は音楽制作をしている訳ではないので、あくまで普通の音楽視聴用として使った場合、どう感じるか…という観点からのレビューという事をお断りしておきます。

GRANPRO V1の音質は解像感高く、非常にクリア

音質は高音から低音まで全体的に解像感高く、非常にクリアに聞こえます。

一音一音が埋もれること無く音の輪郭がハッキリと聴こえるのには驚きました。

中〜高音域の抜け感は良好で、高音域はキンキンと突き刺さるような感じもなく聞きやすい印象。中音域の表現も豊かで、ボーカルも聞き取りやすいですね。

低音域も重厚さはありますが、決して強すぎる事が無くフラットな印象。低音だけ妙に強いヘッドホンとかありますが、これはそんな事がなく中高音とのバランスがしっかりと取られている感じです。

最近、スリコのヘッドホンなど低価格な製品のレビューをしていた事もあって『GRANPRO V1』で音楽を聴いた時には、音質の良さに驚きました。

モニターヘッドホンといえば、2万円以上するものが大半で、それらの製品と比べてしまうと劣る部分はあると思いますが、3,980円という価格を考えると、信じられないくらいの音質の良さだと思います。

音楽制作などをしていなくても、普通にリスニング用としてコスパが良いヘッドホンが欲しいって場合、『GRANPRO V1』は有力な選択肢になると思いました。

GRANPRO V1のレビューまとめ

GRANPRO V1のレビューまとめ
  • GRANPRO V1 のイマイチな点
  • 本体の質感は価格相応
  • GRANPRO V1 の良い点
  • 3,000円台とは思えない高音質
  • 装着感が良く、長時間のリスニングでも疲れにくい
  • ケーブルが着脱式なので、断線した場合でも付け替える事が可能
  • 3年保証がついており、サポートが手厚い

GRANPRO V1』は、モニターヘッドホンながら、3,980円というかなりの低価格を実現しているヘッドホンです。

低価格だからといって音質が悪いという事もなく、非常に解像度が高くクリアな音質を実現しています。

フラットながらも聞きやすく、音楽制作だけではなく普通のリスニング用としても十分に活躍してくれる音質で、正直3,000円台とは思えません…。

装着感も良く、長時間のリスニングでも疲れづらいのも良いですね。

また、日本のメーカーさんという事もあって、サポートも丁寧。低価格な製品なのに3年保証まで付けちゃってるということで本当に大丈夫なのかなと、こちらが心配してしまうほどw

全体的なデザインや質感はあまり洗練されているとは言いづらいものの、プロ用という事もあって質実剛健な感じの作りは、信頼感が高いですね。

コスパの良いヘッドホンを探している方や、音楽制作や動画編集などをやりたいという方に非常にオススメできるヘッドホンです!

GRANPRO
¥2,980 (2022/09/25 11:38:43時点 Amazon調べ-詳細)