ドコモ home 5G レビュー
自宅で使った時の速度や速度制限があるのかどうか、口コミなどをまとめています

docomo home5g 0

光回線のような工事をしなくても、置くだけで高速なインターネットが使えると話題なのが”ホームルーター”。

『SoftBank Air』や『WiMax+5G』など、各キャリアがサービスを提供していますが、満を持して通信業界最王手であるドコモからも5Gに対応したホームルーター『ドコモ home 5G』が販売されました。

ドコモ home 5G』の主な特徴は以下のとおり。

ドコモ home 5Gの特徴
  • 光回線のように建物への工事が不要
  • 高速な5Gに対応し、光回線並みのスピードが出る
  • データ容量無制限
  • 高品質なドコモの回線が使える
  • 契約期間の縛りが無い
  • ドコモのスマホを持っている場合、セット割引ができる

このように、今までのホームルーターと比較してもスペックが高く、評判も良い『ドコモ home 5G』。

本記事ではそんな『ドコモ home 5G』を実際に自宅のメイン回線として使ってみたので、詳しい特徴の解説や、実際にどのくらい速度が出るのか、メリット・デメリットなどを詳しくまとめています。

自宅のネット環境をどうすれば良いか迷っている方、引っ越しを予定しておりネット回線をどうしようか迷っている方は参考にしてみてください。

ドコモ home 5Gとは

ドコモ home 5Gとは

ドコモ home 5G』とは、ドコモがサービスを提供している定額制インターネット接続サービスの事。

光回線のように工事を必要とせず、専用のホームルーターをコンセントに繋げるだけでインターネットが使えるようになるという手軽さから、現在注目されているサービスです。

速度の方も、高品質なドコモの5G/4Gモバイル回線を使っているため、場所によっては光回線と遜色ないくらいの速度が出ることがあります。

また、こういったインターネット使い放題サービスにありがちな、データ通信量の制限も大幅に緩和されており、ほぼ無制限で使えることから、自宅のメイン回線として利用する方も増えています。

スペック

『ドコモ home 5G』を利用する為には、専用のホームルーター「home 5G HR01」を使います。

「home 5G HR01」のスペックは以下の通り。

ドコモ home 5G
機種名home 5G HR01
製造メーカーシャープ株式会社
通信5G:受信時最大4.2Gbps/送信時最大218Mbps
4G:受信時最大1.7Gbps/送信時最大131.3Mbps
無線LAN規格/最大伝送速度
(規格値)
IEEE802.11a/54Mbps
IEEE802.11b/11Mbps
IEEE802.11g/54Mbps
IEEE802.11n(Wi-Fi 4)/300Mbps
IEEE802.11ac(Wi-Fi 5)/867Mbps
IEEE802.11ax(Wi-Fi 6)/1201Mbps
2.4GHz帯/5GHz帯対応
有線LANIEEE802.3ab(1000BASE-T)
IEEE802.3u(100BASE-TX)
同時接続台数65台(Wi-Fi:64台/有線LAN:1台)
かんたん接続機能WPS、QRコード接続
消費電力22W(最大)
本体付属品ACアダプタ、LANケーブル(試供品)
サイズ高さ170×幅95×奥行95mm
重量約720g

注目のポイントは、通信速度の速さ。

5G通信の場合、最大4.2Gbps4G通信でも最大1.7Gbpsもの速度が出ます。

これらの速度は当然”理論値”なので、実際にこのスピードが出ることはありませんが、それでも規格上は光回線に匹敵するほどのスペックを有しています。

また、Wi-Fi6にも対応している上、同時接続台数が最大65台と多く、最新のWi-Fiルーターと比べても遜色ないほど性能が高いのが特徴です。

ドコモ home 5Gの特徴

『ドコモ home 5G』の特徴を詳しく見ていきます。

工事が不要

ホームルーターの大きなメリットが工事が不要という点

光回線工事の場合、最短でも1〜2週間ほどかかってしまうものですが、『ドコモ home 5G』なら、契約したその日から使用可能です。

また、物件によっては光回線を通すことが出来ない物件もあります。賃貸の場合、用意されたネット回線を使うしかない事もありますが、そういった場合でも『ドコモ home 5G』なら置くだけで光回線に匹敵する速度でインターネットを使うことが出来ます。

速度が速い

ドコモ home 5G』は、通信速度が速いのが特徴です。

他社のホームルーターと比較しても、後発なだけあってスペックが高く、5Gで通信した場合「最大4.2Gbps」、4Gの場合でも「最大1.7Gbps」のダウンロード速度と、光回線に匹敵する速度が出せる可能性があります。

実際にどのくらいの速度が出てるのかを、ユーザーが通信速度のレポートを計測し、その結果を投稿できるサイト「みんそく」で調べてみました。

ドコモ home 5Gの時間帯平均速度

docomo home5g g

直近3ヶ月間における『ドコモ home 5G』の平均速度です。

夜の時間帯は多少遅くなるものの、それ以外の時間帯で平均200Mbpsを超える速度が出ていることが分かります。

これくらいの速度が出るのであれば、光回線にも負けていませんね。

そして、その中でも「5Gで接続している」人のデータを幾つか紹介します。

上は「5G基地局のそば」など、かなり条件の良い例だとは思いますが、400Mbps超え600Mbps超えなど、すごい速度が出ています。

流石にこのクラスになると、光回線よりも速いのでは…と思うくらい。

5Gのエリアはどんどん広がっており、運良く5Gエリア内に入ることができれば、このくらいの速度が出る可能性があるという意味では、夢のあるサービスです。

データ通信量の制限が無い

以前より、データ容量無制限をウリにしたサービスは存在しましたが、実は「3日間で10GBを超えると制限がかかる」といった、3日間制限がありました。

『ドコモ home 5G』にも、公式サイトでは「当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多い場合は、それ以外のユーザーと比べて通信が遅くなる場合がある」としていますが、ネット上の口コミを見てみても、実際に僕が使ってみても通信制限がかかっている様子はありません。

今後のユーザー増加により厳しくなる可能性はありますが、2022年7月現在は特に目立って通信制限もされておらず、ほぼ無制限と同じ感覚で使えるようです。

利用料金が安い

ドコモ home 5G』は、「home 5G プラン」という専用の料金プランが用意されています。

利用料金は、月額4,950円(税込)の1プランのみ。

データ容量によって金額が変わる事も無く、分かりやすい料金形態なのは良いですね。

月額5,000円以下に収まっているので、光回線と比べてもそこまで高くはないかなと思います。2年縛りとかも無いので、使い勝手も悪くありません。

ドコモスマホとのセット割引がある

ドコモのスマホを使っている場合「home 5G セット割」という割引制度が使えます。

home 5G セット割
引用:home 5G 公式サイト

こちらは、ドコモの利用料金から最大1,100円割引されるというもの。離れて住んでいる家族も割引対象になるため、ドコモユーザーの人はメリットが大きいです。

注意点としては「割引されるのはスマホ料金の方」と「ahamoは対象外」という点。

「home 5G セット割」で割り引かれるのは、”スマホ料金”の方であり、home 5G利用料金から割り引かれるわけではありません。

また、格安SIMサービスである「ahamo」はセット割引の対象外となります。

端末代が実質無料

ドコモ home 5G』では、『home 5G HR01』というルーターを使いますが、こちらは自分で購入する必要があります。

home 5G HR01
引用:home 5G 公式サイト

「home 5G HR01」は税込39,600円と結構な金額がしますが、実際には「月々サポート」という割引制度があり、月々1,100円×36ヶ月間の割引が受けられます。

1,100円×36=39,600円

という事で、3年間使えば実質端末代が無料になります。

ただ、『ドコモ home 5G』のサービス自体を解約してしまうと、月々サポートが受けられなくなる点は注意が必要です。

契約期間の縛りや違約金がない

こういった通信サービスは、2年とか3年とかの縛りがあり、途中で解約すると違約金を支払わなければいけないものが一般的ですが、『ドコモ home 5G』は契約期間の縛りや違約金がありません。

そのため、使わなくなったら即時解約が出来るというメリットがあります。

ただ、実際には前述した月々サポートが受けられなくなり、ホームルーターの端末代が残っている場合は残りの金額を支払わなければいけないという点だけは注意が必要です。

登録した住所以外で使えない

登録した住所以外で使うと通信がストップする仕組みになっているため、『ドコモ home 5G』は登録した住所以外で使うことが出来ません。

移動したかどうかは、どの基地局と通信しているかや端末のGPS機能などにより判別しているようです。

引っ越ししたい場合は「my docomo」にログインし、設置場所住所変更の手続きをすることになります。

設置場所住所変更の手続き画面

変更回数は「月1回まで」に制限されているため、旅行や出張のために持っていくという用途で使うには厳しく、その場合は素直に「モバイルルーター」を使う必要があります。

ドコモ home 5Gの使用レビュー

ここまで『ドコモ home 5G』の特徴などを見てきましたが、ここからは僕が自宅のメイン回線として実際に『ドコモ home 5G』を使ってみた様子を紹介していきます。

ドコモ home 5Gの契約とホームルーターの購入

ドコモ home 5G』を使うには、「ドコモへの契約」と「ホームルーターの購入」が必要になります。ドコモショップや家電量販店、オンラインで購入など様々な方法で契約と購入は出来ますが、今回は家電量販店にて契約とホームルーターの購入を行いました。

ドコモショップや家電量販店だと、その場で契約・購入ができ、即日使い始めることができますが、全ての手続きが完了するまでに1〜2時間くらいはかかります。

ドコモ home 5G

オンラインで申し込む場合、販売代理店がキャンペーンを行っており、店頭で購入するよりもお得に使い始めることができるため、急ぎでなければオンラインで手続きをした方が良かったかなと思いました。

ホームルーターの開封とパッケージ内容

それでは、購入したホームルーター「home 5G HR01」を開封して、パッケージ内容を見ていきます。

home 5G HR01のパッケージ

パッケージはこのようなデザイン。

パッケージ内容

home 5G HR01のパッケージ内容
home 5G HR01のパッケージ内容
  • ルーター本体 1台
  • 電源アダプタ
  • LANケーブル
  • 注意事項兼保証書
  • かんたんセットアップマニュアル

パッケージ内容は上記の通り。

付属の電源アダプタ。

iPhone12 miniよりも一回り小さいくらいのサイズ感です。

カラーで丁寧に書かれている、かんたんセットアップマニュアル

付属する「かんたんセットアップマニュアル」。

カラーかつ丁寧な説明がされている所は、流石の日本製品といった印象です。

本体外観・サイズ感

ホームルーター「home 5G HR01」の外観やサイズ感を見ていきます。

home 5G HR01の外観

ホームルーター本体は縦長の形状をしており、つや消しグレーが採用された本体はシンプルなデザイン。

home 5G HR01と500mlペットボトルとの比較

本体サイズは「高さ170×幅95×奥行95mm」。

500mlペットボトルと並べてみましたが、高さはペットボトルよりも一回り小さいくらいのサイズ感です。

home 5G HR01の裏面

本体背面は上から「WPSボタン」「REBOOTボタン」「LANポート(1Gbps)」「電源アダプタ差込口」があります。

なお、本体に「電源ボタン」はありません。

コンセントに刺すと自動的に電源が入り、起動します。

home 5G HR01の底面

本体底面には各種仕様の他に、SSID、パスワードなどが書かれています。

home 5G HR01の底面には、SIMスロットと、USB-Cポートがある

底面中央には「nanoUIM」と書かれているカバーがあり、それを外すと「SIMスロット」と「USB-Cポート」があります。

なお、説明書によると、このUSB-Cポートは使えないそうです。

USB-Cは使えない…

修理時のメンテナンス用なのか、将来的に何か拡張するためのものなのか分かりませんが、ひとまずこのUSB-Cポートは使えないようです。

契約した時にもらったSIMカード

『ドコモ home 5G』はモバイル回線を使っているので、スマホなどと同様にSIMカードが必要になります。

本体購入時に同時に契約するはずなので、SIMを用意します。

home 5G HR01にSIMカードを挿します

SIMカードを本体底面にあるSIMスロットに入れてフタを閉めます。

電源アダプタを繋げ、コンセントに繋げるだけで使用可能

その後は電源アダプタを繋ぎ、コンセントに電源を繋ぐだけで使用可能に。

この手軽さは良いですね。

home 5G HR01に電源ボタンはなく、コンセントに繋ぐと自動的に起動

電源を繋ぐと自動的に本体が起動し、本体上部のLEDインジケーターが光って状態を教えてくれます。

本体上部のLEDインジケーターで状態が確認できます

LEDインジケーターは、左から「5G/4G」「電波の強さ」「接続ステータス」を表しています。

「5G/4G」のどちらに繋がっているかは、LEDの色によって分かるようになっており、

  • 緑:4G接続
  • 青:5G接続

となっています。

実際に僕の家で電源を入れてみた所、「5G/4G」ランプは緑に光っているので、4Gで接続されている事が分かります。

ドコモ home 5Gの速度を計測

それでは、実際に『ドコモ home 5G』を使い、どのくらいの速度が出るのかを、1日を通して計測してみましたので、その結果を載せていきます。

なお、前述の通り僕の家では5Gではなく、4Gで繋がっているということを先にお断りしておきます。

計測日:2022年7月13日

朝・昼

時間帯回数ダウンロードアップロードping
朝 9:57〜10:001回目225 Mbps14.2 Mbps44 ms
2回目221 Mbps15.1 Mbps39 ms
3回目222 Mbps7.84 Mbps39 ms
4回目222 Mbps14.3 Mbps39 ms
昼 12:48〜13:001回目186 Mbps22.8 Mbps39 ms
2回目199 Mbps14.1 Mbps39 ms
3回目196 Mbps19.9 Mbps19 ms
4回目188 Mbps21.0 Mbps39 ms
5回目187 Mbps22.2 Mbps40 ms

各時間帯で5回ずつ計測するつもりだったのですが、朝だけ4回しか計測していませんでした…

結果としては、朝の時間帯であれば安定して220Mbps前後のダウンロード速度が出ています。

昼の時間帯は、ネットをしている人が多いためか少し速度を落としていますが、それでも概ね180Mbps以上のダウンロード速度が出るようです。

アップロード速度は時間帯に限らずバラつきがあるようですが、概ね15〜22Mbps程度は出ているようです。

夜・夜中

時間帯回数ダウンロードアップロードping
夜 18:50〜18:541回目213 Mbps13.7 Mbps46 ms
2回目167 Mbps12.1 Mbps39 ms
3回目208 Mbps22.6 Mbps43 ms
4回目218 Mbps19.0 Mbps39 ms
5回目214 Mbps12.5 Mbps39 ms
夜中 0:06〜0:101回目188 Mbps7.74 Mbps51 ms
2回目192 Mbps8.16 Mbps43 ms
3回目230 Mbps10.3 Mbps40 ms
4回目193 Mbps12.1 Mbps39 ms
5回目187 Mbps11.2 Mbps108 ms

続いて夜と夜中の計測結果が上記の表です。

夜の時間帯は速度が落ちるものかと思っていましたが、意外にも安定しており200Mbps前後は出ています。

アップロード速度は、こちらもやはりバラつきがあり、夜中では速度が落ちているような傾向が見て取れます。

1日中通して見てみましたが、極端に速度が落ちるような時間帯は無く、概ねダウンロードは200Mbps前後、アップロードは10〜20Mbps程度は出ている結果となりました。

あくまで僕の環境下での結果となりますが、ダウンロード速度に関して言えば光回線ほどでは無いものの、十分に速い速度が出ており、VDSL方式を採用しているマンションであれば『ドコモ home 5G』の方が速度が速いものと考えられます。

昔までは「モバイル回線を使ったルーターは固定回線の代わりにはならない」というのが常識でしたが、『ドコモ home 5G』はその常識を覆すほどの性能があるルーターと言えそうです。

アップロード速度が遅い

上記で見てきた様に、ダウンロード速度に関しては光回線に近い速度まで出ているのに対し、アップロード速度とping値に関しては、かなり遅いです。

ネット閲覧やYoutubeなどの動画視聴、SNSを見るといった用途であれば、そこまでアップロード速度は必要ありませんが、

  • 自分でYoutubeなどに動画を投稿する
  • 仕事で大きなファイルをアップロードする機会がある
  • ネット配信をする予定がある

といった場合、アップロード速度の遅さが原因で、ストレスが溜まる可能性が高いです。

ping値が高い

ping値は平均して40ms前後とそれなりに高いので、オンラインゲームを楽しみたい方も注意が必要。

ping値とは、ネット回線におけるレスポンスや応答速度の事で、数値が小さければ小さいほど良いとされています。

ping値が高い(応答速度が遅い)=ラグが発生する

ということなので、オンラインゲームの場合は結構大きな問題。

特に「Apex Legends」や「フォートナイト」の様な、一瞬の反応が生死を分けるようなゲームの場合、「プレイ画面がカクつく」「相手のキャラが瞬間移動する」などの現象が発生することがあり、まともにゲームが出来ない事もあります。

Apexの場合、快適とされているping値が30〜40ms以下とのことなので、『ドコモ home 5G』の場合、微妙にラグが気になるかもしれません。

一方、Apexほど反応速度が必要じゃないゲームであれば十分に楽しめますので、どんなゲームをプレイしたいのか、またはプレイする予定があるのか、で回線を選ぶのが良いと思います。

データ通信制限はかかる?

ホームルーターを導入する時に気になるのが「通信制限はかかる?」という点。

『ドコモ home 5G』のホームページでは、

ネットワークの混雑状況により、通信が遅くなる、または接続しづらくなることがあります。

また、当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、それ以外のお客さまと比べて通信が遅くなることがあります。

なお、一定時間内または1接続で大量のデータ通信があった場合、長時間接続した場合、一定時間内に連続で接続した場合は、その通信が中断されることがあります。

という記載があります。

そこで、我が家でガッツリ1ヶ月間使ってみて、どうだったかを紹介します。

1ヶ月間のデータ通信量は636GBでした

僕の家の場合、夫婦+子供2人という家族構成で、僕と嫁が仕事とYoutube、子供2人はYoutubeを見まくっているという状況。

そのため、1ヶ月間の合計データ通信量は636GBと、なかなかの通信量となりました。

利用したデータ量

1ヶ月通して使ってみましたが、特に通信制限に引っかかったという感覚は無く、普通に使えていたように思います。

モバイル回線を使っている影響からか、途中で少し不安定になる事はありましたが、長時間遅くて使い物にならないといった事はありませんでした。

もしかすると、たまたま3日間の制限に引っかからなかっただけ…という可能性も否定はできませんが、普通の使い方(ネット閲覧、動画視聴、SNS、ゲームなど)であれば、通信制限は気にしなくても大丈夫じゃないかなと思いました。

5Gエリア内なのに5G通信が出来ない

『ドコモ home 5G』で残念だったのは、家は5Gエリア内のはずなのに、5G通信が出来なかったという点です。

ドコモの5Gサービスエリアマップ
すみません、ピンの場所自宅なので、めっちゃぼかしてます…

ドコモのサービスエリアマップでは5Gが使える場所は赤色で表示されており、我が家もギリギリながら5Gエリア内だったので、『ドコモ home 5G』に期待していたという部分があります。

せっかく5Gエリア内なのに使えないのはおかしい…!

と思い、ドコモにも問い合わせてみました。

ドコモに問い合わせた結果

ドコモのホームページから、5Gエリア内なのに「home 5G」で5G通信が出来ないという事を問い合わせると、回答が来ました。

回答を要約すると、

  • 問い合わせした住所は5Gサービスエリア内
  • 5Gの周波数は4Gに比べて浸透しづらい性質のため、場所によっては5G通信が出来ない可能性がある
  • 4Gで使えているようであれば、引き続き使ってほしい

といった旨の回答でした。

ネットで調べてみると、同様のケースは結構多いらしく、5Gエリア内だとしても実際に5G通信が出来るかどうかは実際に使ってみるまで分からないらしいです。

詐欺じゃないか…とか思ったりしますが、これ以上の改善はドコモの5G基地局が増えるのを待つしか無さそうです。

ドコモのスマホを持っているなら、事前確認が可能

こういったケースを防ぐ為にやっておけば良かったなと思ったのが、「ドコモの5G対応スマホを現地に持っていき、本当に5G通信ができるかどうか確認しておくこと」です。

とは言え、僕はスマホでは「povo」を使っているので、なかなか確認しづらい状況でした。

ドコモを使っていない場合、

  • ドコモのスマホを持っている友人などに手伝ってもらう
  • ドコモのスマホをレンタルする

などの方法で、事前確認することが可能です。

設置場所が決まっている方は、上記の方法で一度確認しておくと良いでしょう。

UQWiMAXなんかだと15日間くらい無料でお試しレンタルさせてくれるのですが、『ドコモ home 5G』も同じ様なサービスを提供して欲しいものです。

ドコモ home 5Gの口コミ

ここからはSNS上での『ドコモ home 5G』に関する口コミを集めてみました。

口コミを眺めていると、やはり環境や設置場所によって随分と速度が違うようで「速い」という人と「遅い」という人、両方の意見があります。

ただ、総じて「VDSL方式」や「ケーブルテレビ」のネット回線よりは速いという意見が多く、これらの回線を使っている方は乗り換えを検討する価値はありそうです。

ドコモ home 5Gのレビューまとめ

ドコモ home 5Gのレビューまとめ

ドコモ home 5G』は、工事がいらず置くだけで高速なインターネットが使えるようになるお手軽さが特徴のサービスです。

ドコモのモバイル回線を使っていますが、光回線にも匹敵するほどの速度が出せる可能性があります。

とはいえ、アップロード速度の遅さや、ping値の高さ、5Gエリアの狭さなど、明確なデメリットがあることも事実。

それらを踏まえて『ドコモ home 5G』がオススメの方、オススメしない方をまとめてみました。

  • ドコモ home 5Gをオススメしない方
  • オンラインゲームを頻繁に楽しむ方(特にApexなどのFPS)
  • 動画配信をしている方
  • 仕事などでデータのアップロードをする機会が多い方
  • ドコモ home 5Gがオススメの方
  • 建物の都合により光回線が引けない
  • 引っ越しが多い、もしくは引っ越しの予定があり光回線の工事を避けたい方
  • 1人暮らしなど、気軽にWi-Fi環境を構築したい方
  • オンラインゲームをあまりやらず、YoutubeやSNSが中心の方
  • ドコモのスマホを使っている、もしくは家族がドコモのスマホを使っている方

これらのオススメに該当する方は、『ドコモ home 5G』を検討してみては如何でしょうか。

なお、『ドコモ home 5G』は、即日使いたいという場合を除けば、オンラインで申し込むのがお得です。

特に販売代理店では割引キャンペーンを行っており、結構な金額のキャッシュバックが受けられるので、そちらを活用すると、かなりお得に『ドコモ home 5G』を使い始めることができるので、ぜひ活用してみてください。