白い”モノ”が中心のガジェットレビューブログ
白くて最高に美しいワークチェア。機能も座り心地も優秀/COFO Chair Premium ホワイト レビュー

こんにちは、ぶっち(@___bucchi)です。

デスクワークは長時間椅子に座りっぱなしなので、腰や肩が痛くなりがちです。そんなデスクワーク時の負担を軽減するために、投資したいのが「椅子」。特にデスクワークに最適化された「オフィスチェア」を検討したい所です。

オフィスチェアといえば、良いものだと20〜30万ほどするのですが、10万円以内で購入でき、座り心地や機能もかなり良いと評判なのが『COFO Chair』です。

COFO Chair Premium ホワイト

『COFO Chair』は、以前から人気でしたが、今回新たに新色として「ホワイト」が登場。

オフィスチェアで白って、実はそんなに選択肢が多くなく、今回の新色追加は特に白でデスク周りを統一している方にとっては、かなりの吉報。

今回、この『COFO Chair Premium』ホワイトを、メーカー様よりご提供いただきましたので、実際に使ってみて「デザインはどうなのか」「座り心地はどうなのか」「オフィスチェアとしての機能は?」といった点を詳しくレビューしていきます。

白色のオフィスチェアを探している」「コスパが良いオフィスチェアが欲しい」という方は、是非本記事を参考にしてください。

お得なクーポン情報

COFO Chair Premiumの購入に使える5,000円割引クーポンコードを頂戴いたしました。

下記ボタンより、割引クーポンコードを取得し、公式サイトの支払い画面でクーポンコードを貼り付け・適用すると5,000円割引されます。

COFO Chair Premiumをお得に購入できるこの機会をお見逃し無く!

本記事はメーカー様より製品をご提供頂き、作成しております。
なお、記事内容について指示等は無く、率直な意見・感想を記載しています。

COFO Chair Premiumとは?

「COFO(コフォ)」とは、2016年に千葉県を拠点に立ち上げられたブランド。これまでに「COFO Chair」「COFO Desk」などの製品を手掛け、それらはどれも高品質ながら手頃な価格で人気を集めています。

本製品の『COFO Chair』も、以下のような特徴を持っています。

COFO Chairの主な特徴
  • ソフトで包み込まれるような座り心地
  • 座面がメッシュで夏場でも蒸れにくい
  • 角度調整可能なヘッドレストを搭載
  • 高さ・上下左右・角度が変えられる4Dアームレスト(Premiumのみ)
  • 座面の位置を前後に調整できる(Premiumのみ)
  • 可動式ランバーサポートで、腰にしっかりとフィットする
  • 足を伸ばしてリラックスできるフットレストを搭載
  • ホワイトはグレーではない本当の白を実現
  • 10万円以内で購入できる

柔軟に角度や位置が変更できる「アームレスト」や「フットレスト」を始め、腰をサポートする「ランバーサポート」や、ハンガー付きで角度調整可能な「ヘッドレスト」など、機能としては”全部盛り”と言えるくらいに豪華な装備を実現しています。

それに加え、今回新色として「ホワイト」が追加されたことにより、色が「ブラック / グレー / ホワイト」の3種類から選べるようになりました。

珍しい白いオフィスチェア

オフィスチェアというカテゴリで純粋な白ってあまり選択肢が無く、『COFO Chair』は、白いオフィスチェアを探している人にとって、数少ない有力な選択肢と言えます。

PremiumとProの違い

COFO Chairには「Premium」と「Pro」の2種類がありますが、主な違いは以下の通り。

COFO Chair PremiumCOFO Chair Pro
カラーバリエーションブラック / グレー / ホワイトブラック / ホワイト
腰背セパレート構造
ヘッドレスト2Dヘッドレスト2Dヘッドレスト
アームレスト4Dアームレスト1Dアームレスト
背面高さ調整
座面奥行調整
反発力調整
ジェケットハンガー
バッグホルダー
静音PUホイール
フットレスト
サイズ外寸
幅65×奥行68×高さ115.5〜123.5cm
座面高さ48〜56cm

座面
幅52.6×奥行49cm
(奥行調整範囲5.5cm)

ヘッドレスト
幅38.3×高さ18.5cm
(調整範囲2.5cm)


半径35cm

キャスター
直径6.5cm
外寸
幅66×奥行68×高さ115〜126cm
座面高さ48〜56cm

座面
幅52×奥行51cm

ヘッドレスト
幅39×奥行17.7cm
(調整範囲3.5cm)


半径35cm

キャスター
直径6cm
重量26kg20kg
耐荷重135kg125kg
メーカー保証3年3年
価格99,800円49,800円

機能面を比較すると一目瞭然。当然ながら「Premium」の方が調整箇所が多く高機能です。

オフィスチェアとして考えた場合、アームレストや座面などの調整が自由に出来るのはかなりメリットが大きく、こういった製品は長期間使うという事を考えると、価格は高いですがPremuim版を選んでおいた方が後々後悔することが無いと思います。

今回はこの「Premium版」を使用し、レビューしていきます。

COFO Chair Premiumの開封と組み立て

『COFO Chair Premium』を開封して、同梱物の確認と組立を行います。

ダンボールは結構大きいので、置き場所を確保しておいた方が良さそう

自宅にはこんな感じのダンボールで届きます。梱包サイズが77x48x72cmあるので、置き場所は予め確保しておいた方が良さそう。

また、梱包重量が34.1kgあるので、一人で持ち運ぶのはかなりしんどいと思います。

2階などに運ぶ場合は、かならず2人以上で運ぶようにしましょう。

ダンボールを開封していくと、パーツ類はそれぞれがビニール袋に入れられ、更にその上からしっかりとプチプチで梱包してありました。梱包具合はかなり丁寧で、傷がつかないように配慮されているのが分かります。

工具やネジ類は全て付属してくる

組立に必要な工具やネジ類は全て同梱されているので、自分で何かを用意する必要はありません。

手袋も2セット付属してくるので、手が汚れない

また、組立時に使う軍手も2セット同梱されており、手が汚れないような配慮がされています。

床面保護のための緩衝材まで付属してきます

個人的に、かなり驚いたのが床面保護のための緩衝材まで付属してきた所。ここまでやるか?と思うくらいに親切ですね…。日本企業ならではの心遣いを感じました。

組立自体は30分〜1時間くらいで終わる

前述の様に、工具類は全て同梱してくるので、あとは組み立てていくだけ。

ダンボール内側には組み立て手順が書いてある

組立方法は、ダンボールの内側に手順が書かれているので、これを見ながら組み立てていっても良いですし、メーカーが公式で組み立て方を解説している動画がありますので、そちらを見ながら組み立てるのが1番分かりやすいです。

組立自体はそこまで難しいものではなく、1人でも問題なく行え、30分〜1時間もあれば組み立てられると思います。

組み立てたCOFO Chair Premium ホワイト

完成した『COFO Chair Premium』ホワイト。白い本体が非常に美しいですね……

COFO Chair Premiumの本体デザインと各部位ごとの調整機能

ここからは、更に詳しく『COFO Chair Premium』ホワイトのデザインや、各部位ごとの調整機能を見ていきます。

全体のデザイン

COFO Chair Premium ホワイトを正面から見た様子

チェア全体のデザイン。

白で統一されたデザインが非常に美しいです。オフィスチェアの中には「ホワイト」と言う名前が付いていても、実際にはグレーに近い色合いの製品が多かったりしますが、『COFO Chair Premium』に関しては、本当に真っ白な”ピュアホワイト”といった印象。

こういった真っ白な色が好きな方って結構居ると思うので、そういった方にはたまらない色ではないでしょうか。

COFO Chair Premium ホワイトを背面から見た様子

背面から見た様子。

背面から脚にかけてアルミ合金が使われており、メタリックな印象。

このアルミ合金はガッチリしてて剛性がかなり高いように感じます。「白×シルバー」の見た目は高級感があり、質感がとても良いですね。

1台だけじゃなくて、複数台並べても美しく映えるのでは無いかと思います。

ヘッドレスト

ヘッドレストは結構大きめのものが搭載。

「高さ」と「角度」の調整が可能で、頭をしっかりと支えてくれます。

ヘッドレスト背面には、ハンガーとフックが付いている

また、ヘッドレスト背面には「ハンガー」と「フック」が付いており、こちらに上着やバッグなどをかけることが出来ます。

オフィスなんかで使う時に、こういった小物類を引っ掛けられるのは使い勝手が良いですね。

座面

座面はメッシュ素材を採用

座面、背もたれなど身体に触れる部分は全てメッシュ素材が採用されています。

メッシュはやや硬めながらもクッション性があり、座ると身体をしっかりと支えてくれるのが分かります。

メッシュなので当然通気性も良く、身体が密着する部分がムレにくくなっています。長時間座り続けてもベトベトせず快適に使い続けられるのは良いですね。

本体右側にある調節レバー

本体右側には、座面の高さ、及び前後の位置を調整するレバーがあります。

座面の高さを調整できるのは一般的ですが、「前後の位置」を調整できるものはそれほど多くありません。

僕の場合、初期状態だと少しお尻回りが窮屈に感じる部分もありましたが、座面を前に出すことによってかなり余裕ができ、お尻から背中にかけてゆったりともたれかかる事が出来ました。

背もたれ・ランバーサポート

背もたれとランバーサポート

『COFO Chair Premium』には「ランバーサポート」が搭載されています。

人の背骨は頭の重さを支えるためにS字形状になっていますが、椅子に座って作業すると、S字カーブが崩れ猫背になりがちです。

猫背になると、適切に頭の重さを支えることが難しくなり、首や肩、腰への負担が大きくなります。

座った時でも自然なS字形状に近づけられ、身体への負担を少なくするのがこの「ランバーサポート」。ランバーサポートを装備しているチェアって高価格帯の製品が多いのですが、『COFO Chair Premium』には標準装備されています。

『COFO Chair Premium』の場合、背もたれの位置を上下に動かす事ができるので、座る人それぞれに合わせた位置にランバーサポートを持ってくることが可能です。

リクライニング

本体左側にあるレバーでリクライニングの調整が可能

リクライニングは、本体左側にあるレバーで調整が可能。

リクライニングは、最大125度まで角度を調節することができ、段階的に角度を固定することも可能です。

反発調整グリップを回すと、背もたれの反発力を調整できる

また、本体右側にある「リクライニング反発調整グリップ」を回すと、背もたれの反発力を調整することが出来ます。

リラックスしたい時に、反発力を柔らかめにするなどの調整が可能です。

リクライニングと倒し、フットレストを出した状態

最大までリクライニングを倒して、フットレストを使えば仮眠できるくらいにリラックスできそう。

アームレスト

4Dアームレスト

アームレストは「高さ」「前後」「左右」「角度」の調整が出来る4Dアームレストを搭載。

これだけの調整ができるものは、高価格帯のチェアしか無いのですが『COFO Chair Premium』はしっかりと対応しています。

内側にあるボタンで高さの調整可能

アームレストの高さは、内側にあるトリガー状のボタンを押しながら調整が可能。

角度

前後

左右

これだけ調整できれば、ベストな位置にアームレストを持ってくることが出来るのではないでしょうか。

フットレスト

デスクで作業中、足の置き場ってわりと困ったりします。

別途フットレストを導入している人も多いかと思いますが、『COFO Chair Premium』では、フットレストも標準搭載。

本体に合わせたデザインで、伸縮可能。

ノブをスライドさせて角度の調節が可能

ちょっと見づらいですが、「DOWN」「UP」をスライドさせることで角度の調整が可能。

一般的には作業時にフットレストは使わないのかもしれませんが、僕はいつも足の置き場所に困っているので、フットレストに足を伸ばしながら作業をしています。

使わない時は座面の下に収納可能

使わないときは畳んで、座面の下に収納する事も可能。

アルミ合金の脚は質感が良く剛性も高い

『COFO Chair Premium』は、背中のフレームから脚にかけてアルミ合金が使われています。

メタリックで高級感がある上に、剛性が高く、座っていてもグラつきなどはありません。

白とシルバーの組み合わせはオシャレ

また、この白とシルバーの組み合わせがオシャレで、どの様な空間に置いてもマッチしてくれそう。

白いPUホイールは本当に珍しい

また、細かい所ですが、個人的にこのキャスターの色が白いという部分にかなり惹かれました。しかも『COFO Chair Premium』には、フローリングでも傷が付きにくい「PUホイール」が採用されています。

「PUホイールで白」って本当に選択肢が無いんですよね…記憶の限り他で見たことがありません。

これだけ単体販売して欲しいくらいです。

COFO Chair Premiumとミラ2チェアの比較

僕が普段使っているハーマンミラーの『ミラ2チェア』と比較してみます。

COFO Chair Premiumとミラ2チェアの比較
左:COFO Chair Premium、右:ミラ2チェア

『ミラ2チェア』の方は、わざわざカスタムしてフレームとかを白にしたのですが、こうしてみると『COFO Chair Premium』の方が明らかに白いですね…

COFO Chair Premiumとミラ2チェアの比較:背面
左:COFO Chair Premium、右:ミラ2チェア

背面から見た様子。

メタリック感は好みが分かれる部分ではあるのですが、こうしてみると『COFO Chair Premium』の方がなんか質感が良さそうに見えます。

デザイン面で言うと『COFO Chair Premium』の方が好きかもしれない…

COFO Chair Premiumの使用レビュー

ここからは実際に座ってみて感じた使用感などをレビューしていきます。

座り心地はかなり良い

COFO Chair Premiumの座り心地は上々

肝心な椅子としての座り心地ですが、一言でいうとかなり良いです。

メッシュ素材の座面や背もたれが、適度な反発とともにしっかりと身体を支えてくれるのが分かります。オフィスチェアの中には、結構強めに反発してくるものもあるのですが、『COFO Chair Premium』は素直に支えるといった感じで、より幅広い人にフィットするかなと感じました。

ただ、絶対的な座り心地やふんわり包み込まれる感で言うと、流石に『ミラ2チェア』の方が上ですね。しかし、『ミラ2チェア』が約18万円くらいに対して『COFO Chair Premium』は10万円切ってますからね…

価格を考えると『COFO Chair Premium』の座り心地は十分に合格点に到達していると思います。

ランバーサポートがしっかりと腰をサポート

ランバーサポートが腰をサポート

デスクワークは長時間椅子に座りっぱなしという事が多くなりがちで、肩こりや腰痛に悩まさせている人も多いと思います。

『COFO Chair Premium』に搭載されているランバーサポートは、背もたれを上下に移動させる事で、座る人の身体に合わせてランバーサポートの位置を調整可能。

しっかりと背骨を支え、自然なS字形状を作るサポートをしてくれるので、長時間作業する人にとって嬉しい機能です。

ヘッドレストの高さをもう少し低くしたい

ヘッドレストが背もたれと一体化しているので、高さを下げられない

ランバーサポートの位置が変えられるように、背もたれが上下に移動できるのは大きなメリットですが、ヘッドレストも背もたれと一体化しているので、背もたれの位置を調整するとヘッドレストの位置も変わります。

個人的にヘッドレストは背もたれを一番下げた状態の位置が良いのですが、ランバーサポートの位置を上げようとすると、今度はヘッドレストの位置が合わなくなるというジレンマに…

ヘッドレストだけ独立して位置調整が出来ればいいのになぁ…と感じました。

アームレストが優秀

4Dアームレストはかなり柔軟に調整可能

『COFO Chair Premium』に搭載されているアームレストは、4Dアームレストと呼ばれる「高さ」「前後」「左右」「角度」の調整ができるもの。

これは非常に使い勝手が良く、あらゆるデスク環境でベストなポジションにアームレストを持ってくることが可能。

デスクとアームレストを水平にして使うことで、タイピング時などにかかる腕の負担をかなり軽減することができます。

リクライニングを倒してリラックス出来る

リクライニングを倒し、フットレストを伸ばすとリラックスモードに

『COFO Chair Premium』は、リクライニングを125度まで倒すことができます。

作業の合間にちょっと休憩したい時など、リクライニングを倒し、フットレストを使うことでかなりリラックスできます。

ゲームが捗りますw

リクライニング時はかなり気持ち良いので、ゲームも捗ります。

ついやり過ぎてしまうのが難点ですねw

白いデザインはやっぱり最高…!

『COFO Chair Premium』を組み立て、部屋に置き、座り心地などを試してみましたが、座り心地や機能面が優れているのはもちろん、やはり「白いデザイン」というのは文句なしに良いです。

白いデザインはやはり美しい

元々僕は白いオフィスチェアが欲しくて『ミラ2チェア』の色を注文時にカスタムして白に近くしたのですが、「実は白くない部分が意外にも多い」と感じていました。

アルミ合金の質感も良く、高級感がある

それは『ミラ2チェア』以外のオフィスチェアでも一緒です。

「ホワイト」と名が付いているのに、実はグレーだったり、背面が黒だったりと純粋な白の製品ってあまりありません。

ここまで純粋な白の製品って珍しい

その点『COFO Chair Premium』のホワイトは、本当に「ホワイト」という名の通りの白なので、白いオフィスチェアを探している方は間違いなく刺さると思います。

COFO Chair Premiumを試せる場所はある?

オンライン販売が中心の『COFO Chair Premium』ですが、ビックカメラの一部店舗にて展示、および販売をしているそうです。

地域店舗所在地
東京ビックカメラ有楽町店 5階〒100-0006
東京都千代田区有楽町1-11-1
ビックカメラ 池袋カメラ・パソコン館 6階〒170-0013
東京都豊島区東池袋1-6-7
愛知ビックカメラ名古屋JRゲートタワー店 10階〒450-6610
愛知県名古屋市中村区名駅1-1-3 名古屋JRゲートタワー 9~10F
福岡ビックカメラ天神1号館 Bブロック〒810-0021
福岡県福岡市中央区今泉1-25-1

『COFO Chair Premium』に限らず、オフィスチェアというものは一度買うと長期間使うもの。出来れば購入前に一度試してみることをオススメします。

また、COFO公式サイトでは、随時最新情報が更新されており、期間限定の展示案内もあったりするので、定期的にチェックしておくと良いでしょう。

白くて最高に美しいワークチェア。機能も座り心地も優秀/COFO Chair Premium ホワイト レビュー

COFO Chair Premiumのレビューまとめ

COFO Chair Premium

総合評価

(5)
COFO Chair Premium のイマイチな点
  • ヘッドレストの位置が少し高い
COFO Chair Premium の良い点
  • オフィスチェアに必要とされる装備をフルに搭載している
  • 適度に張りのあるメッシュの座面は座り心地も上々
  • 調整機能が豊富で、座る人に合わせて細かく調整ができる
  • デザインが良く、メッシュ素材の座面とアルミ合金の本体は質感が高い
  • ホワイトという名の通り、ピュアホワイトを実現している

『COFO Chair Premium』は、ヘッドレスト、ランバーサポート、アームレスト、フットレストなど、オフィスチェアに必要とされる機能を”フル装備”し、10万円を切る価格を実現しています。

安かろう悪かろうという事はなく、本体のデザインや質感もかなり良く、各部位で細かい調整が出来るなど、オフィスチェアとしての完成度はかなり高いと感じました。

また「デスク周りを白で統一している」とか、「白くてオシャレなワークチェアが欲しい」といった、デザインを重視する方にもおすすめ。

デザインと機能を両立し、コスパにも優れる『COFO Chair Premium』。気になった方は、一度公式サイトをチェックしてみてください。

お得なクーポン情報

COFO Chair Premiumの購入に使える5,000円割引クーポンコードを頂戴いたしました。

下記ボタンより、割引クーポンコードを取得し、公式サイトの支払い画面でクーポンコードを貼り付け・適用すると5,000円割引されます。

COFO Chair Premiumをお得に購入できるこの機会をお見逃し無く!

INDEX