【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neoとは

モバイルバッテリーや充電ケーブルなど、スマートフォン関連の高品質な製品を数多く販売している「Anker」が販売している完全ワイヤレスイヤホンです。

近年Ankerはオーディオ製品にもかなり力を入れており、そのAnkerが出しているオーディオブランドが「soundcore」。ワイヤレスイヤホンを始め、ヘッドホンやBluetoothスピーカーなど、製品は多種多様。Ankerらしく価格はお手頃ながら高い品質でコスパが良いと話題になっています。

Ankerの完全ワイヤレスイヤホンはかなり種類が多く、価格も様々といった所ですが、今回購入した『Soundcore Liberty Neo』は、価格が税込4,999円と比較的安価なモデルです。

前モデル「Soundcore Liberty Neo」からの変更点

この製品は、製品名に【第2世代】と付いています。前モデルから様々な面を進化させています。主なものとしては、

  • 前モデルと比較し、約1.7倍の最大20時間の音楽再生が可能
  • 防水規格が「IPX5」から「IPX7」へと強化された
  • Anker独自の「BassUPテクノロジー」により、低音域を約43%増幅してくれる

といった具合で、音質面・機能面ともにブラッシュアップされ、完成度が高くなりました。

【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neoのスペックと外観など

【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neo
Bluetooth
バージョン5.0
プロファイルAVRCP
A2DP
HFP
HSP
コーデックSBC
AAC
連続再生時間イヤホン単体約5時間
ケース充電込み約20時間
充電充電時間約1.5時間
充電端子MicroUSB
サイズイヤホン約42×17×17mm
充電ケース約70×45×23mm
重量イヤホン約5g
充電ケース約51g
その他ノイズキャンセリング×
防水IPX7
※水深1mに30分水没しても内部に浸水しない

『Soundcore Liberty Neo』の詳しいスペックは上記の通り。再生可能時間や防水規格は必要十分なほどですが、対応コーデックが「AAC/SBC」のみとなっています。

iPhoneの場合「AAC」があるので良いですが、Androidの場合、音質面を考慮するなら「aptX」が欲しい所です。

パッケージ

【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neoのパッケージ
【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neoのパッケージ側面
【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neoのパッケージ裏面

Ankerのパッケージは、鮮やかなブルーなのに対し、「Soundcore」シリーズは薄い水色をベースとしたパッケージデザインです。

付属品

【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neoの付属品一覧

付属品は、

  • イヤホン本体 1台
  • 専用充電ケース 1台
  • マニュアル
  • 充電用マイクロUSBケーブル 1本
  • イヤーチップ(XS/S/M/L)
  • イヤーウィング(XS/S/M/L)

が、付属しているという充実ぶり。

【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neo付属のイヤーピース

安価なイヤホンだと替えイヤーピースは付いていない事も多いのですが、『Soundcore Liberty Neo』は、しっかりと付属しています。付属している種類も多く、耳のサイズにあわせて細かく調整できるようになっているのは流石Ankerだなと思わせてくれます。

【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neo付属のマイクロUSBケーブル

マイクロUSBケーブルは、「soundcore」のロゴ入り。ケーブルはAnker製というだけあって、しっかり作られており耐久性は高そう。

充電ケース

【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neoの充電ケース

「soundcore」のロゴが入っている充電ケース。充電ケースのサイズは、幅8.5cm×奥行き3.5cm×高さ3.0cmほど。AirPodsProほどではありませんが、十分にコンパクトで、カバンの中やポケットの中にも入りそうです。

【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neo充電ケースのLEDライト

充電ケース下部にはLEDライトが3つあります。充電ケースを開くと、LEDが光り、充電残り残量を教えてくれます。

  • LED1個点灯:30%未満
  • LED2個点灯:30〜70%
  • LED3個点灯:70%以上

また、ケース充電中もLEDランプの表示で、現在どのくらいまで充電できるのかを示してくれます。

  • LED1個目点滅:30%以下まで充電
  • LED2個目点滅:30%〜70%まで充電
  • LED3個目点滅:70%以上まで充電
  • LED全点灯:100%充電完了
【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neoの端子部分
【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neoの充電ケースにはマイクロUSB端子

充電ケース反対側には、充電用のマイクロUSB端子。同じくAnker製で同価格帯の『Soundcore Life P2』は、充電端子としてUSB-Cを採用しているので、それと比較すると見劣りしてしまうなあという印象。こちらも是非USB-Cにしていただきたい。

【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neo充電ケースの重量

イヤホン本体を収納した状態で、重量を計測してみると、実測で55.5gでした。軽いので、持ち運ぶ際には嬉しいポイント。

イヤホン本体

それでは『Soundcore Liberty Neo』本体を見ていきます。

【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neoの充電ケースを開けた様子

充電ケースを開けると中にイヤホン本体が収納されています。購入直後は写真の通り接点の部分に保護シールが貼られているので、それを外して使います。

【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neoのイヤホン本体

イヤホンはカナル型という、耳に押し込んで入れるタイプ。一見本体はちょっと大きく見えますが、耳から飛び出している部分がコンパクトに設計されている為、装着時に目立たないのが特徴。

【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neoを耳につけた様子

実際に付けてみた様子です。完全ワイヤレスイヤホンは、AirPodsの様に付けていると目立つものも多いですが、このイヤホンはカナル型という事もあり、比較的目立ちにくい印象です。

【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neo本体の重量

イヤホン本体の重量はかなり軽く、イヤーウィングを装着した状態で、実測11.6gとなっています。片耳あたり5.8gなので、長時間装着していても疲れなさそうです。

【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neoをペアリング

【第2世代】Anker Soundcore Liberty NeoとiPhoneをペアリング

イヤホンを使う際にはペアリングをさせます。充電ケースから本体を取り出すとペアリング待機状態になっているので、スマートフォンの「Bluetooth」項目から、「Soundcore Liverty Neo」を選択してペアリングを完了させます。

一度ペアリングしてしまえば、次回以降は充電ケースから本体を取り出すだけで自動的にペアリングしてくれます。

【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neoの音質

それでは、肝心の音質に関してのレビューです。なお、音に関してはあくまで素人の感想ということを予めご了承ください。

スリーコインズ ワイヤレスイヤホン』の様な激安イヤホンよりは当然音質は上です。音楽鑑賞も含め、Youtube動画を見るとかラジオを聴くとか、一般的な用途であれば、特に不満は無く使うことが出来ると思います。

ただ、高音質で音楽を楽しみたい・・・という用途の場合、ちょっと残念な点も多く、全体的な音のバランスはドンシャリ傾向なので低音域の方に寄っています。その割には高音域での解像感があまり無く、情報量が少ない印象です。

完全ワイヤレスイヤホン、さらに防水と長時間再生が可能といった様にイヤホンとしての機能はよくまとまっており完成度が高いと思いますが、単純に「音質」という視点から言うと、価格相応かなぁと思いました。

イコライザーが使えない

Soundcoreシリーズには、アプリを使って音質を調整できるモデルがありますが、残念ながらこの『Soundcore Liberty Neo』はアプリに対応していません。

アプリに対応していれば、イコライザーを使ってもう少し音のバランスを整える事が出来たはずなので、ここは非常に残念。

【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neoはゲームで使えるか?

ワイヤレスイヤホンで問題になってくるのが遅延。『Soundcore Liberty Neo』はどうなのか、いくつかiPhoneでゲームをやって試してみました。

結論から言うと、遅延自体はそこそこあります。

多少音ズレがあっても問題なようなゲームであれば、問題なく使えると思いますが、「音ゲー」のような遅延が致命的なゲームの場合、プレイはかなり厳しいと思います。

遅延が気になる方はiPhoneであれば、AirPodsProあたりが間違いなく、Androidの場合だとaptXコーデックに対応しているイヤホンを選ぶのがベターだと思います。(そもそもワイヤレスイヤホンの場合だと遅延は避けられないので、有線が一番良いとは思いますが)

【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neoの接続安定性

一通り街中や駅前で使ってみましたが、途中で途切れることも無く、安定していると言えそうです。渋谷や新宿などもっと人が多い所の場合は分かりませんが、普通に使う分には問題なく使えそうです。

【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neoのまとめ

【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neoのまとめ
  • 【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neo のイマイチな点
  • 音質はあくまで価格相応。高音質というわけではない
  • aptXに対応していない
  • 充電端子がマイクロUSB
  • イコライザーアプリが使えない
  • 【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neo の良い点
  • 税込4,999円と完全ワイヤレスイヤホンとしてはお手頃価格
  • 再生時間20時間に加えIPX7の強力な防水機能
  • 重量が軽く、コンパクトなので使い勝手が良い

『Soundcore Liberty Neo』は、コンパクトなサイズで軽量、かつIPX7の強力な防水に加え、再生時間も20時間と、完全ワイヤレスイヤホンとしてはかなり完成度が高いものとなっています。

価格も安く、税込4,999円で購入できる上、セール時には3,999円まで安くなることもよくあります。

音質面では、Youtube再生くらいであれば特に不満に思うことは無いと思いますが、厳しい目で見ると、やはりバランスが悪く、高音域の解像感はあまり無いので、音質面で拘る方はもう少し上の価格帯を検討したほうが良いかなと思います。

イマイチな面も確かにありますが、価格を考えるとかなりコスパの良い製品と言えます。完全ワイヤレスイヤホンの入門用としてはかなりオススメです。