異音がする保証期間の切れたAirPods Proを無料で新品に交換してもらいました

異音がする保証期間の切れたAirPods Proを無料で新品に交換してもらいました

聴きやすい優れた音質と、驚きのノイズキャンセリング性能を誇る『AirPods Pro』。街中でもかなり使っている人を目にします。

僕も出かける際には必ずといっていいほど持ち歩いているのですが、どうもある時から異音がするようになりました。

保証期間はとっくに切れており、修理するのにもお金がかかるのかと思っていた所、「AirPods Pro修理サービスプログラム」というものがあるという事を知り、ダメ元でAppleストアに持ち込んだ所、左右両方とも無償で交換することが出来ました!

本記事では、具体的にどのような不具合があったのか、どう交換してもらえたのかを詳しく書いていきますので、『AirPods Pro』を使っていて、何か不具合がある人は参考にしてみてください!

AirPods Proで発生していた不具合

僕の『AirPods Pro』は、2019年11月頃に購入したものです。

AirPods Pro

当初は問題無く使えていたものの、ある時からイヤホン本体に触れると「ヒュッ」という変な異音がするようになりました。

特に困ったのが、モード切替の操作

『AirPods Pro』は本体の軸(ステム)部分を長押しすると、「ノイズキャンセリング↔外音取り込み」の切り替えが出来ますが、その動作だけでも「ヒュッ!ヒュッ!」と変な音が聴こえるので、かなり不快。

更にひどい時は、付けて歩いているだけでも「ヒュッ!ヒュッ!」と音がして、音楽に集中できないという状況。

そのため、段々と使用頻度が減って、最近ではあまり使わなくなっていたというのが現状でした。

AirPods Pro修理サービスプログラムについて

そんな中、Twitterで目にしたのが「AirPods Pro修理サービスプログラム」というものがあるという界隈で有名な平岡さんのツイート。

これを見て、Appleの公式サイトでチェックしてみると、確かにAirPods Proの修理サービスプログラムがありました。

AirPods Pro修理サービスプログラムの対象になる製品

AirPods Pro修理サービスプログラム

Apple公式サイトによると、以下の条件に当てはまれば修理プログラムの対象になり無償で交換してくれるとの事です。

修理対象になるAirPods Pro
  • 2020年10月より前に製造されたものである
  • 異音がする
  • アクティブノイズキャンセリングが正常に機能しない

僕の場合、ノイズキャンセリング性能自体は特に問題ないものの、購入時期や異音に関しては当てはまるので、修理を申し込みました。

AirPods Pro修理の申し込み手順

『AirPods Pro』の修理を受けるには、「Appleオンラインサポート」に連絡する「Apple Store直営店」もしくは「Apple正規サービスプロバイダ」に持ち込むなどの方法があります。

今回、僕は「Apple Store新宿店」に直接持ち込むことにしました。

Apple Storeの予約画面

オンラインから来店予約を完了させ、予約した日時に『AirPods Pro』を持っていきます。

Apple Store新宿店での流れ

Apple Store新宿店

Apple Store新宿店に付き、入り口に居るスタッフの方に修理予約した事を伝えると、すぐに席に案内されました。

全体的な流れとしては、

  1. 簡単なヒアリング
  2. 機械による診断
  3. 新品へと交換

と言った感じです。

最初に軽く担当スタッフの方に症状を伝えると、奥で機械による診断をしてきますねと言われ、イヤホン本体を預けて診断をしてもらいます。

10分ほど待っていると、「左右両方ともにノイズが乗っている」という検査結果になり、左右両方とも新しいものへと交換という形になりました。

新しくなったAirPods Pro

来店してから交換が完了するまで、全ての工程合わせても30〜40分ほどで終わったので、最近『AirPods Pro』の調子が悪いんだよなぁという方は、一度Appleに相談してみるのが良いかと思います。

新しいものへと交換してどうなったか

新品という事もあり、以前まで悩んでいた異音も無く、快適に使えています。

改めて『AirPods Pro』で音楽を聴くと、やはり聴きやすい音質でノイズキャンセリング性能も高く、移動時に使うイヤホンとしては完成度が高いなぁと感じました。

出る出ると噂されている『AirPods Pro 2』にも期待ですね。

AirPods Pro修理サービスプログラムの注意点など

実際に「AirPods Pro」修理サービスプログラムを使ってみて感じた注意点や、覚えておいた方が良い点などをまとめていきます。

交換対象はイヤホン本体のみ

「AirPods Pro修理サービスプログラム」の対象となるのは、あくまでイヤホン本体のみです。

そのため、充電ケースに関しては交換対象外となり、今まで使っていたものを使い続ける事になりますので注意してください。

イヤーピースを外す必要がある

Appleストアで診断をしてもらう際には、『AirPods Pro』本体に付いているイヤーピースも取り外す必要があります。

イヤーピースは引っ張るだけで外れるので、特に問題無いと思いますが、純正以外のものを使っている場合など、取り外した際に無くさないように注意しておきましょう。

イヤーピースは全サイズ新しいものがもらえる

イヤーピースは全てのサイズが新しくもらえる

交換対象となった場合、イヤーピースも新しいものが貰えます。

驚いたのは全サイズ(S・M・L)のイヤーピースが貰えるという点。

Appleのオンラインストアでは、イヤーピースは各サイズ1,250円(税込)で販売されている事を考えると、かなり太っ腹ですね。さすがAppleさん…。

ちなみに、交換前に付いていた古いイヤーピースは、持ち帰ることも回収してもらう事も可能でした。僕は古いイヤーピースは不要だったので、スタッフの方に回収してもらいました。

保護ケースは外す必要がある

『AirPods Pro』の充電ケースは傷つきやすいので、何かしらの保護ケースを付けている方が大半だと思いますが、ストアで診断をする際に、充電ケース背面にあるボタン操作が必要になるらしく、保護ケースを外す必要があります

僕は『Incase AirPods Pro Case with Woolenex』という保護ケースを付けていたのですが、想像以上にピッタリとくっついていて、外すのに手間取りました。(結局スタッフの人に外してもらいましたw)

持ち込む前に、予め保護ケースは外しておいた方がスムーズだと思います。

保証書やレシートなどは不要

僕が『AirPods Pro』を購入したのは、Appleストアじゃなくて「ツクモ」というPCパーツショップでした。

念の為という事で、購入時のレシートを持参しましたが、特にApple Store店頭でレシートや購入した証明を求められる事はありませんでした。

ただ、充電ケース内にあるシリアルナンバーはスタッフの方が入力していたので、正規品じゃないとサポートは受けられないと思います(まぁ当たり前ですが…)。

新しく交換したら初期化して再セットアップをする

新しく『AirPods Pro』を交換したら、使い始める前に古い設定を初期化(リセット)してから使いましょう。

AirPods Proの初期化方法は以下の手順で行えます。

1.AirPods Proを充電ケースに入れ、蓋を閉じる

2.30秒ほど待つ

3.充電ケースの蓋を開ける

4.デバイスの登録を解除する

「設定」→「Bluetooth」→「AirPods Proのiボタン」→「このデバイスの登録を解除」とすると、iPhoneから「AirPods Pro」が削除(解除)されます。

5.AirPods Proの蓋を開けたまま、背面のボタンを約15秒ほど長押しする

howto airpods pro 9

6.AirPods Proを再接続する

AirPods Proの調子が悪い方は修理サービスプログラムを試してみる価値あり

「2020年10月以前に製造されたものである」など幾つか条件はありますが、対象となっている場合は結構すんなりと新品へ交換してくれますので、『AirPods Pro』の調子が悪いという方は、この修理サービスプログラムを試してみる価値は大いにあります。

保証期間が切れていても新品に交換してくれ、イヤーピースも全種類新しいものをくれるというAppleのサポートに改めて関心させられました。