スリーコインズ ワイヤレスモバイルバッテリーとは

ケーブルを使わず、スマートフォンなどに充電が出来るモバイルバッテリーです。

モバイルバッテリーからスマートフォンに充電する場合は、USBケーブルを使って充電するのが一般的ですが、ワイヤレス充電ならケーブルが不要で荷物を減らす事が出来る上に、ワイヤレス充電とUSBケーブルを繋いだ充電を併用することで、複数台の充電が可能になるなど、最近のモバイルバッテリーのトレンドとなっています。

Ankerなどモバイルバッテリーで有名なメーカーからワイヤレス充電対応モバイルバッテリーが次々と発売されているなか、ついにスリーコインズからもワイヤレス充電に対応したモバイルバッテリー『スリーコインズ ワイヤレスモバイルバッテリー』が販売されました。

スリーコインズ ワイヤレスモバイルバッテリーのスペック

スリーコインズ ワイヤレスモバイルバッテリー
電池容量5,000mAh
使用電池充電式リチウムポリマー電池
TYPE-C 入力DC5V/2A
micro入力DC5V/2A
USB出力DC5V/2A MAX
ワイヤレス出力5W
サイズ約105×65×20mm
重量約125g
使用環境温度0〜40℃
材質ABS
本体色ホワイト/ブラック
メーカー保証6ヶ月
価格1,650円(税込)

スリーコインズ ワイヤレスモバイルバッテリー』は、電池容量は5,000mAhとモバイルバッテリーとしては標準クラスの容量となっています。

USBポートは、入力がMicroUSB×1、USB-C×1。出力がUSB-A×2ポート。入力がmicroUSB、USB-Cと2ポートあるのはかなり珍しい気がします。

なお、USBポートからの出力は最大10Wまで出力出来るのに対し、ワイヤレス充電時では最大5Wまでの対応となっている点は注意です。

スリーコインズ ワイヤレスモバイルバッテリーの開封とパッケージ内容

スリーコインズ ワイヤレスモバイルバッテリー』を開封してパッケージ内容を確認していきます。

パッケージ

3COINSワイヤレスモバイルバッテリーのパッケージ表面

【3COINS DEVICE】シリーズ共通の、白と黒を基調としたパッケージデザインとなっています。

3COINSワイヤレスモバイルバッテリーのパッケージ裏面

パッケージ背面には、各種説明やワイヤレス充電対応機器が記載されています。

実はこの製品を購入したのは結構前なので、ワイヤレス充電対応機器の中にはiPhone12シリーズの記載がありませんが、iPhone12シリーズは、Qi規格のワイヤレス充電に対応しているので、当然使えます。

その他、この対応機器の中に名前の記載が無くても、Qi対応のデバイスであればワイヤレス充電は可能です。

3COINSワイヤレスモバイルバッテリーのパッケージ側面

パッケージ側面には細かい仕様が記載されています。

パッケージ内容

3COINSワイヤレスモバイルバッテリーの付属品一覧

パッケージ内容は、

  • ワイヤレスモバイルバッテリー本体 1台
  • 充電用マイクロUSBケーブル 1本
  • 説明書兼保証書

となっています。

3COINSワイヤレスモバイルバッテリーに付属する充電用マイクロUSBケーブル

付属してくる充電用マイクロUSBケーブルは、長さが30cmほどと短いものです。

スリーコインズ ワイヤレスモバイルバッテリー本体

スリーコインズ ワイヤレスモバイルバッテリー』本体を見ていきます。

3COINSワイヤレスモバイルバッテリー本体

本体表面には、スマートフォンなどに固定するために吸盤が上下4つずつ、計8つ付いており、本体中央にはどデカく、ワイヤレス充電規格「Qi(チー)」のロゴが描かれています。

個人的にはロゴと吸盤があまり受け付けなく、あまりカッコいいデザインだとは思えませんね。。。デザイン面で言えば、以前発売されていたモバイルバッテリーの方が好みです。

3COINSワイヤレスモバイルバッテリーにある吸盤

スマートフォンとモバイルバッテリーを固定するための吸盤です。固定してしまえば見えなくなるのですが、個人的には、どうもタコみたいであまり受け付けませんw

3COINSワイヤレスモバイルバッテリー本体裏面

本体背面には、電池残量とワイヤレス充電中かどうか示すLEDランプがあります。

3COINSワイヤレスモバイルバッテリー本体にあるLEDランプ

ちょっと写真では見づらいのですが、電池残量はLEDランプの左4つで表され、

●○○○:1-25%
●●○○:26-50%
●●●○:51-75%
●●●●:76-100%

となっています。

3COINSワイヤレスモバイルバッテリー本体のUSB端子

USB端子部分。外側は出力用のUSB-Aが2ポートあります。こちらのUSB端子それぞれケーブルを繋げることによって、2台同時充電が可能となっています。

ただ、2ポート合わせて最大10Wまでの出力となっているので、2台同時充電する際はあまり充電スピードが早くないことは注意する必要があります。

また、中央にあるUSBポートは、充電用のUSB-C端子となっています。

3COINSワイヤレスモバイルバッテリー本体の重量

本体重量は実測で123.0g。実際に手に取った感覚としては、結構軽いと感じました。

実際にiPhoneへワイヤレス充電してみます

それでは、実際に『スリーコインズ ワイヤレスモバイルバッテリー』を使い、僕が持っているiPhone12 miniにワイヤレス充電してみたいと思います。

3COINSワイヤレスモバイルバッテリー本体側面にある電源ボタン

ワイヤレス充電をする際には、モバイルバッテリー本体側面にある「電源ボタン」を押して、モバイルバッテリーの電源をONにする必要があります。

3COINSワイヤレスモバイルバッテリーを使ってiPhoneにワイヤレス充電した様子

そして、その状態でモバイルバッテリーの充電エリアと、スマートフォンの充電エリアを重ねる事でワイヤレス充電が出来ます。

3COINSワイヤレスモバイルバッテリーでちゃんとワイヤレス充電ができています

上手くワイヤレス充電出来ると、iPhone12から「ポン」という充電開始音が聞こえ、画面も充電時の表示になります。

3COINSワイヤレスモバイルバッテリーとiPhoneを固定した様子

スリーコインズ ワイヤレスモバイルバッテリー』に付いている吸盤は、ちゃんと固定すれば一応iPhoneを逆さまにしても落ちないくらいには固定されます。

3COINSワイヤレスモバイルバッテリーとiPhoneを固定した様子。ちょっと落ちそう

ただ、iPhone12の背面はカメラの部分が出っ張っている為、吸盤の付き方も少し不安定で、付け方が甘い場合は吸盤が剥がれてくる事もあり、固定の安定性についてはあまり過信しない方が良さそうです。

3COINSワイヤレスモバイルバッテリーはQi対応なので、AirPodsProもワイヤレス充電可能

なお、Qi対応機種であれば充電エリアに置けるものであればワイヤレス充電は可能です。試しにワイヤレス充電に対応している『AirPods Pro』を置いてみた所、ケースのLEDが光っているので、ちゃんと充電は出来ていることが分かります。

スリーコインズ ワイヤレスモバイルバッテリーでワイヤレス充電した時の充電スピードは?

スリーコインズ ワイヤレスモバイルバッテリー』でワイヤレス充電した際に、どのくらいのスピードで充電できるのかを試してみました。

手元にあるiPhone12 miniのバッテリー残量を20%まで減らし、1時間のタイマーをかけワイヤレス充電をスタート。1時間後にタイマーを止め、手元のiPhoneを見てみると、68%まで充電出来ていました。

1時間で、20→68%と、50%近く充電できた事になります。

ワイヤレス充電の出力は5Wなので、あまり期待していなかったのですが、そこそこ充電できているかなという印象。

ただ、今回は充電中に全くiPhoneを触りませんでした。実際の利用シーンとしては、充電しながらiPhoneを操作する事が多いような気がするので、その場合はもう少し結果は違ったものになったのではないかなと思います。

スリーコインズ ワイヤレスモバイルバッテリー本体への充電

スリーコインズ ワイヤレスモバイルバッテリー』本体への充電方法は、二通りです。

3COINSワイヤレスモバイルバッテリー本体への充電

側面にあるマイクロUSB端子から充電する方法です。付属してくるUSBケーブルがマイクロUSBなので、別途他のケーブルを準備する必要がありません。

3COINSワイヤレスモバイルバッテリー本体へUSB-Cで充電している様子

もう一つの方法が、バッテリー本体中央にあるUSB-C端子を使って充電する方法。こちらの場合別途USB-Cケーブルを用意する必要はあるものの、スマートフォンやタブレットの充電に使用しているUSB-Cケーブルをそのまま使うことが出来ます。

なお、バッテリー本体への充電時間は、1A充電時には約7〜8時間、2A充電時には、3〜4時間となっており、microUSB、USB-Cどちらで充電しても充電時間に差は無いようです。また、microUSB、USB-C同時に繋いで充電することも出来るのですが、かなり危なそうなので、辞めておいた方が良いと思います。(もしかすると早く充電できる可能性もありますが、危ないので未検証です)

個人的にはなぜ入力が2ポートあるのかが非常に謎です。最近ではスマートフォンやタブレットのケーブルはUSB-Cに統一されつつある状況なので、側面のマイクロUSB端子を無くし、付属の充電用ケーブルをUSB-Cにしてしまえば良いと思うのですが、何かコストの問題なのでしょうか?(USB-Cケーブルが高いとか?)

スリーコインズ ワイヤレスモバイルバッテリーのまとめ

3COINSワイヤレスモバイルバッテリーのまとめ
  • スリーコインズ ワイヤレスモバイルバッテリー のイマイチな点
  • 吸盤はそこまで強くなく、安定感はあまり無い
  • 入力が、マイクロUSBとUSB-Cの2ポートある
  • ワイヤレス充電の場合出力が5Wと充電に時間がかかる
  • スリーコインズ ワイヤレスモバイルバッテリー の良い点
  • 税込1.650円とワイヤレス充電が出来るモバイルバッテリーとしてはかなり安価
  • 本体重量は比較的軽く、持ち運びには便利

スリーコインズ ワイヤレスモバイルバッテリー』は、ワイヤレス充電規格「Qi(チー)」に対応したスマートフォンやタブレットをケーブルを使わずに充電できるモバイルバッテリーです。

ケーブルが不要なので、荷物がかさばらない上に、モバイルバッテリー本体も比較的軽量なので、持ち運んで使うには非常に便利です。

また「ワイヤレス充電に対応したモバイルバッテリー」としては、税込1,650円という価格は、他社製品と比較してもかなり安く、コスパという観点から考えると結構優れているのでは無いかと思います。

ただ、気になる点としては、吸盤で固定するタイプの為か、あまりしっかりと固定できず、付け方が甘い場合は剥がれてくるなど、安定感があまり無いように思います。

もしiPhone12シリーズを使っている場合は、MagSafeという磁石でiPhone背面に固定できるタイプのモバイルバッテリーがAnkerから販売されていますので、使い勝手はそちらの方が上かなという気がします。

また、ワイヤレス充電という方式自体の弱点ですが、どうしても有線で接続した場合と比べて充電時間が長くなります。スリーコインズ ワイヤレスモバイルバッテリー』も、USBケーブルを使えば最大10Wまでの高出力充電が可能ですが、ワイヤレス充電の場合は最大5Wまでの出力となっており、充電能力はあまり高くないという事は念頭においておく必要があります。